ニュージーランド留学なら手数料無料のニュージーランド留学センター。
あなたの希望に併せて適切な学校をご提案。説明会も随時開催中!

  • ニュージーランド留学センターtwitter
  • ニュージーランド留学センターfacebook
  • ニュージーランド留学センターLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間(日本時間)/10:00~20:00(年中無休)
  • オークランドオフィス
    TEL+64-9973-5979
    受付時間(現地時間)/10:00~18:00(月〜金)

高校留学
学ぶ

schoolphoto01

ニュージーランドは他の英語圏の国に比べて留学生の受入に対して非常に寛大です。
日本での成績に関係なく受け入れてくれる学校が多くあります。もともと移民の国であるニュージーランドは留学生に対する門戸も広く、入学後の英語力のケアなども充実しています。日本での成績よりも、ニュージーランドでのやる気や目的意識を問われることになります。

ニュージーランド
高校留学のおすすめポイント

費用が抑えられる

留学生の受け入れ体制が確立している

国民性がのんびりしていて受け入れられやすい

入学に際し、英語力が必要ない

入学時期が年4回ある

学校のレベルの差が欧米ほどない

 

日本とニュージーランドの教育制度

日本は6歳から義務教育が始まるのに対して、ニュージーランドは5歳から始まります。

日本

小学校、中学校、高校と、それぞれ入学するたびに1年生から始まります。小学校、中学校の9年間の義務教育と高校3年間のトータル12年間の教育課程です。
●小学校:1年生~6年生
●中学校:1年生~3年生
●高 校:1年生~3年生

ニュージーランド

入学するたびに1年生にリセットされず、小学校~高校までずっと通し番号で呼ばれます。
呼び方は‘Year’です。
Year1から始まりYear13までのトータル13年間で、日本でいう小学校から高校までの年度になります。

以下は日本とニュージーランドの年齢・学年比較表です。
※学年がブルーのところは義務教育となります。
japan 日本 年齢 nz ニュージーランド
5歳 Year1 Primary
School
小学校
小学校 1年生 6歳 Year2
2年生 7歳 Year3
3年生 8歳 Year4
4年生 9歳 Year5
5年生 10歳 Year6
6年生 11歳 Year7 Intermediate
School
中学校
中学校 1年生 12歳 Year8
2年生 13歳 Year9 Secondary
School
高校
3年生 14歳 Year10
高校 1年生 15歳 Year11 NCEA1
2年生 16歳 Year12 NCEA2
3年生 17歳 Year13 NCEA3
 

ニュージーランドの高校のシステム

1. 学生のレベルや能力によって選択科目を決定

今後の進路を考慮して、各学生がそれぞれ自身にあった教科を選択します。
日本の大学のような選択単位制になります。選択科目によって教室移動の必要があります。

2. 学習科目は自分の学力によって決定

学年は年齢で決まりますが、同じ学年の生徒たちと常に一緒に勉強するわけではありません。
例:Year12に在籍していても数学が苦手であれば数学はYear11を受講することがあります。

3. 公立、私立、ミッション系

公立、私立両方に留学が可能です。私立の中にはミッション系の学校もあります。
学校は全て政府の許可を受けているため、私立でも公立でも高水準の授業が受けられます。
特徴
公立 日本同様地域に密着した高校です。費用は私立に比べて割安。NZの中・高校の90%以上が公立校です。日本人留学生の多くが公立校に入学しています。
私立 宗教教育を教育課程の中心理念として掲げ、学校教育の中で宗教教育を重視します。校則やしつけに関しては一般的に公立高校より厳しいといわれています。
ミッション系 キリスト教に関係がある組織や関係の深い人物が設立した学校法人によって設置運営されていて、純粋な公立や私立でなく、運営は公立ですが、校舎などは学校の資産学校です。キリスト教の教えを元に、あらゆるカリキュラムが組まれています。
 

4. 男子校、女子校、共学

ニュージーランドは私立、公立にかかわらず男子校、女子校も多くあります。
一般的に共学校よりレベルが高く、規則も厳しめです。男子校、女子校、共学から留学先を選べます。

5. Year11以上

各教科毎で単位を取得していく必要があります。
次のレベルの授業を受講するためには指定単位数を取得しなければなりません。
単位は試験に合格することで取得できます。
(日々の生活態度や課題提出なども単位取得に含まれます。)
試験には校内試験と、年末の全国統一試験(NCEA)の大きく分けて2種類があります。

6. 全国統一試験NCEA

Year11以上は、年末に国の統一試験を受けます。
これはNCEA(National Certificate of Educational Achievement)と呼ばれ、Level 1~3に分かれます。通常Year11でLevel 1、Year 12でLevel 2、Year 13でLevel 3の内容の試験を受けます。
NCEAは一種の国家資格として認知されており、ニュージーランドの高校でNCEAの必要単位を取得すれば、ニュージーランドの大学や専門学校に入学試験なしで入学することができます。NCEAにより大学への入学資格を得ることができるわけです。
各レベルの認定条件は以下の通りです。
必要単位数 進路
Level 1 Level1以上の科目で80単位以上取得
(数学、国語はそれぞれ8単位取得)
ポリテクなどの専門学校のサティフィケートコースに進学可能
Level 2 Level2の科目で60単位以上取得 ポリテクなどの専門学校のディプロマコースに進学可能
Level 3 Level3の科目で60単位以上取得
及びLevel2以上の科目で20単位以上取得
大学やポリテクなどの専門学校の学位コースに進学可能
留学生の場合NCEAの受験は必須ではありませんが、帰国子女枠で日本の大学への進学を考えている場合は、入学の判定基準としてNCEAを導入している大学が多くあるので受験が必要です。

 

7. 学期(ターム)

学期のことをタームと呼び、4学期に分かれています。タームの間に約2週間の休みがあります。
2017年
ターム1 1月終わり~4月中旬 1月下旬から2月上旬~4月13日
ターム2 4月下旬~7月初め 5月1日~7月7日
ターム3 7月中旬~9月終わり 7月24日~9月29日
ターム4 10月中旬~12月中旬 10月16日~12月中旬
 

8. 留学期間

1タームから入学可能。
ただし、学校によってはターム4からの入学は受け入れていないところもあり、その場合は語学学校で先に英語力を伸ばしてから翌年ターム1から入学するのがよいでしょう。
短期留学 3ヶ月未満の留学 夏休みや春休みを利用した留学です。
長期留学の前にお試しで現地の高校の雰囲気を知ることができます。
長期留学 卒業留学 現地の高校を卒業することを目的とした留学です。
中学3年を卒業後に留学するのがおすすめ。
高校卒業後はニュージーランドの大学に進学可能です。
1年留学 高校1,2年のときに留学するのがおすすめです。
帰国してからも1年間進学の準備ができます。
 

高校留学で必要な英語力

英語力に不安がある場合は、留学生を対象とした英語の授業(ESL,ESOL)を通常科目と共に選択できます。ただしその場合、受講する通常科目が減ってしまうので、通常科目を多く受講したい場合は高校進学前に語学学校で英語力を伸ばしてから入学するのがよいでしょう。
18歳未満のお子さんも入学可能な「高校進学準備コース」を用意している語学学校も何校かあります。
 

NZの高校で受講できる科目例

日本の高校では馴染みのない科目もたくさんあります。
●ESL、ESOL(母国語が英語ではない学生(留学生や移民など)のための英語の授業)
●数学
●地理・地質学
●経営学
●心理学
●歴史
●観光学(観光大国ならではの科目)
●接客サービス(留学生に非常に人気の科目)
●コンピュータ
●演劇(日本の普通科ではあまり体験できない授業)
●野外教育(スポーツを通じて協調性やリーダーシップを養う授業)
●ダンス
●音楽
●保健体育
●健康人間学(身体の機能や栄養学について学ぶ授業)
●美術
●英語以外の言語
●食物(日本でいう家庭科)
 

他国の高校留学と費用を比較

NZ アメリカ カナダ オーストラリア イギリス
公立 NZ$12,000
(約100万)
US$16,650
(約170万)
CA$12,000
(約120万)
AUS$11,800
(約110万)
受入なし
私立 NZ$14,000~34,000
(約120万~300万)
US$22,000~45,000
(約230万~468万)
CA$14,000~50,000
(約140万~490万)
AUS$13,000~50,000
(約120万~465万)
£18,000~27,000
(約306万~460万)
 

ガーディアンとは

ニュージーランドのほとんどの高校では、13歳以下のお子さんは保護者的な役割を担うガーディアンをつけることが義務づけられています。
ガーディアンは現地の保護者として、現地生活における必要なことのサポートや、学校生活を把握し、日本にいる保護者に生徒さんの近況を定期的に報告します。
ガーディアンの義務づけによって、遠く離れた異国にお子さんを安心して預けられ、また留学生本人も安心して現地で暮らしていける環境となっています。

ガーディアンサポート内容例

生活関係

◇到着日の空港のお迎え、およびホームステイ先への送迎
◇ホームステイ先から空港へ送迎、および空港チェックインのお手伝い
◇到着時のオリエンテーション
◇24時間緊急連絡
◇銀行口座開設
◇携帯電話、インターネット接続の手配
◇学生の小遣い管理
◇病気や怪我をされた場合の病院紹介、医療通訳の手配
◇在留届提出のお手伝い
◇学生との定期的な連絡
◇荷物預かり
 

学校関係

◇制服購入のお手伝い
◇必要時の学校への同行
◇学校への訪問(懇親会、面談への出席)
◇ホームステイ先への定期的な連絡
◇進路相談(授業に関するカウンセリングなど)
 

ご両親へのサポート

◇学期ごとに生活状況などの定期報告書を送付
◇学業成績など学校からの書類のコピーを送付
 

留学のためにご用意いただくもの

入学に必要なもの 渡航に必要なもの
●日本の在籍学校の成績証明書(英文)、あるいは中学の卒業証明書
●英語力証明書
●パスポートコピー
●入学願書
●ニュージーランドへの渡航ビザ(3ヶ月以上滞在の場合は学生ビザが必要)
●パスポート
●海外旅行保険
●航空券
 

留学のためのビザ申請

3カ月以上の留学を希望する場合に、各種のビザ申請が必要になります。
ニュージーランド滞在時に観光ビザから学生ビザ(パーミット)への切替が可能です。
学生ビザ 長期にわたって留学する場合に必要なビザ
観光ビザ 3ヶ月以内の観光目的でNZに滞在する場合、事前にビザを取得しなくても最大3ヶ月間滞在可能なビザ(就学可能)
 

メリット

学生ビザを申請の場合は、学費を先に支払わなければならず、学校選びに失敗してキャンセルする場合でも多額のキャンセル料がかかります。
観光ビザで入国し、学校へ実際に通ってみてから学校を決め、学生ビザ(パーミット)に切り替えたほうが学校選びのリスクが減ります。
学校へ通う前に学校を決めることに不安のある方は、「観光ビザ→学生ビザ」の切替がお勧めです。

 

留学後の進路

ニュージーランドの高校を卒業すると日本へ戻って大学進学を目指すか、ニュージーランドに残って現地の大学に進学するという選択肢になります。2年以上現地校に在籍していた生徒はほとんどの日本の大学で帰国子女枠での入学試験が適用されます。またニュージーランド現地の大学へは現地の教育システムであるNCEAで所定の単位を取得する必要があります。

日本の大学へ進学

多くの大学は帰国子女に対する帰国生徒推薦入試を行っています。
大学・学部・学科ごとに、出願に関する資格や条件が細かく定められていますので、以下を参考に自分の進学したい大学の条件を必ず確認してください。

主な条件

●入試直前の海外滞在期間が継続して2年間以上(もしくは3年間以上)
●海外の高校を卒業していること(日本国内と同等の教育を外国で行う学校やそれに類する場合は対象外)
●渡航前・帰国後の日本の高校の在籍期間(「1年未満」「1年半未満」「2年未満」など)
●高校卒業後2年未満(1年未満または1年半未満とする大学もあり)※大学入学年の4月1日現在
●飛び級・繰上卒業(大学入学年の3月31日までに満18歳に達していることを条件とする大学もあり )
●単身残留(保護者の帰国・転勤により、本人のみ現地に卒業まで残留)
●単身留学(自分の意思で海外の学校へ進学)
 

ニュージーランドの大学へ進学

Year13を卒業しただけでは大学入学の資格が得られません。

主な条件

●NCEA Level 3;80単位以上取得、うちLevel 3の科目で60単位以上取得
●IELTS またはTOEFLのスコアの提出;IELTS 6.0 TOEFL iBT79~80(PBT550)
上記の条件を満たしていない場合は、大学進学準備用の「ファウンデーションコース」を受講し、大学進学に必要な知識を学びます。
以下の表は高校留学後の進路と、IELTSポイントの目安です。

nz-high

中学高校一覧

学ぶ
初めての方へ
基礎知識
ビザ情報
生活情報
地域情報
海外保険
趣味留学
  • ニュージーランド留学体験談
  • 留学で役立つ情報を配信中!留学コラム
  • フィリピン+
			ニュージーランド!!2カ国留学スペシャル特典!!
  • Q&Aよくある質問
  • skype,LINEカウンセリングはこちら
  • ネイティブ講師による英会話レッスン出発前無料英会話プレゼント中
  • ニュージーランドで働こう!インターン生募集中
  • 主要7社の海外旅行保険料金カンタン比較はこちら!