ニュージーランド留学なら手数料無料のニュージーランド留学センター。
あなたの希望に併せて適切な学校をご提案。説明会も随時開催中!

  • ニュージーランド留学センターtwitter
  • ニュージーランド留学センターfacebook
  • ニュージーランド留学センターLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間(日本時間)/10:00~20:00(年中無休)
  • オークランドオフィス
    TEL+64-9973-5979
    受付時間(現地時間)/10:00~18:00(月〜金)

医療システム・病院リスト
 生活情報

ニュージーランドの医療システム

schoolphoto01

日本とは医療システム(診察から治療、処方の流れなど)が異なります。ニュージーランドで病院に行く際、原則、緊急時以外は予約が必要となります。海外旅行保険には日本出国前加入してきていると思いますが、診察前に保険証を提出し、診察後は領収書や診断書を必ずもらうようにしましょう。

ニュージーランドの医療システムは以下の2つのステップに分かれています。

  • プライマリーケア(GP=General Practitionerが対応)
  • セカンダリーケア(病院や専門医が担当)

病気でも怪我でも医師の診察が必要な時にはまず最初にGPと呼ばれる一般開業医の診察を受け、そこで治療が困難だと判断された場合のみ、病院や専門医にかかる仕組みです。GPの紹介が無いとセカンダリーケアが受けられないので、まずはプライマリーケアの予約を取り受診しましょう。

GP(一般開業医の診察)

schoolphoto01
風邪などの日常的な病気・軽度のケガ・妊娠などの場合には、まず最初に各地域にあるGP(General Practitioner=一般開業医)と呼ばれる、内科・外科・小児科・婦人科など全般にわたり診察してくれる医師の診察を受けます。いきなり専門医の診療は受けられませんのでご注意ください。また、原則として緊急時以外は予約が必要となります。

一般的なGPの診療時間は、平日9:00 am – 5:00 pmです。土曜日は午前中のみか又は休診、日曜・祝祭日は休診しているところがほとんどです。しかし、オークランドのような大きな都市では時間外診療(After Hour Surgery)といって24時間診療を行っているメディカルセンターもあります。

受付では、日本と同様に、問診表に住所・氏名・年齢・症状・病歴・ニュージーランドでの保険の加入の有無などを記入します。診療に際しては、英語のレベルに応じてゆっくりとわかりやすく話してくれますが、専門用語も出てきますので辞書は必ずもって行ったほうがいいでしょう。また、スムーズな診察を図るため、自分の症状の説明だけはきちんとできるように準備しておくことをおすすめします。常用している薬があれば、あらかじめ、その薬に含まれている成分の英語名を調べておき、診察の際医師に伝えましょう。

診察料は約80ドル程度で、時間外や週末などは10ドル程度の追加料金がかかります。レントゲンなどは別料金になります。会計時に診療費を払い、医者よりもらった処方箋を持って近くの薬局で薬を購入するというシステムです。薬局は病院の内部や近くにありますが、どの薬局でも処方箋があれば購入できます。

診察料や薬の領収書は保険請求の際に必要となりますので必ず保管して下さい。

専門医の診察

GPの診察を受け、「専門的診療が必要」なケースと判断された場合、GPに紹介状を書いてもらい、指定の病院や医者による専門的な診療を受けることとなります。さらに手術設備や看護体制が整った治療が必要な場合は総合病院が紹介されます。

GPからの紹介状には、診察・治療に必要な個人情報が引き継ぎされています。専門医にかかる際に、公立か私立かの選択があり、緊急時以外は予約が必要となります。公立病院での治療費や入院費は国民または永住権保持者には基本的に無料となっているため、予約が取りにくく、順番待ちで常に混んでいるのが現状です。

生活情報
初めての方へ
基礎知識
ビザ情報
学ぶ
地域情報
海外保険
趣味留学
  • ニュージーランド留学体験談
  • 留学で役立つ情報を配信中!留学コラム
  • フィリピン+
			ニュージーランド!!2カ国留学スペシャル特典!!
  • Q&Aよくある質問
  • skype,LINEカウンセリングはこちら
  • ネイティブ講師による英会話レッスン出発前無料英会話プレゼント中
  • ニュージーランドで働こう!インターン生募集中
  • 主要7社の海外旅行保険料金カンタン比較はこちら!