基礎知識

ニュージーランド入国時持ち込み禁止物の注意点

入国・持ち込みについて

images (2)

※ご案内している情報は一般的な情報となりますので、詳しくはご利用の航空会社へお問合せ下さい。

ニュージーランドに入国する際に必ず気をつけなければならいものは持ち込み物です。ニュージーランドはとても持ち込みの制限が厳しい為、他の国では当たり前のように持ち込みできるものがニュージーランドでは止められてしまう場合があります。もしも持ち込み禁止の可能性がある物を持ってきてしまった場合は、必ず機内で渡される入国審査カードの持ち込みの覧に申告をして下さい。もしも申告をしないで持ち込みが制限されている品が見つかってしまった場合は400ドルの即時罰金が科せられます。
※一部の食品・医療薬・ペット・の持ち込みが可能ですが必ず申告が義務づけられています。

出発・入国について

ニュージーランドに出発する前にパスポートが以下の条件を満たしているか確認しましょう。

 滞在日数に加えて3ヶ月以上の有効期限があること。
■ 傷や汚れなどにより損傷していないこと。
 必要なビザまたはパーミットがあること。

現在、日本とニュージーランドの間では「ビザ免除協定」が結ばれていて、3ヶ月以内の観光目的の滞在に限り訪問者ビザをを取得する必要がありません。

持ち込みが禁止されているもの

入国時に食品、植物等を持ち込む場合は必ず入国審査カードの申告が必要になります。審査の結果が安全とみなされると持ち込みが許可されます。もし持ち込み物が禁止の物品と判断された場合、その場で処分してもらうか有料で日本に返送することができます。また、到着ロビーには検疫物探知犬がおり入国者の荷物の中に既製品・禁止物があるか検査しています。

持ち込み禁止されているもの
食品 乳製品・卵製品(インスタントカップ麺などに含まれる卵の加工品を含む)・牛乳・粉牛乳・バター・チーズ・牛乳ベースの飲料・食肉・肉製品・漢方薬用の乾燥した動物の部位・ハチミツ・ハチミツベースの薬品または製品
植物 花粉・プロポリス・植物・花・球根・鳥類・魚類・亀を含む動物など・土・生物製剤・動物用薬品
その他 海賊版DVDなど、著作権を侵害する物品、わいせつDVDやわいせつ雑誌など、風俗を害する物品

 ※上記のリストは全ての持ち込み禁止されている食品・植物の種類が記載されてるわけではありません。

入国の際

ニュージーランドに入国する際は全ての訪問者に入国審査カードの提出が義務づけられています。入国審査カードは機内で手渡されますが到着ターミナルにも用意されています。
※個人の身の回り品の衣服、アクセサリー、化粧品などは申請の必要がありません。

無題.pnga

免税の範囲

  • ワインまたはビール4.5リットル(6×750mlボトル)、スピリッツ、リキュール類またはその他のアルコール飲料の1125mlボトル3本
  • 紙巻タバコ50本、刻みタバコ50g、葉巻タバコ10本(各10gとして)
  • その他、合計金額がNZ700ドルまでの物品。700ドルを超える場合は申告が必要です。購入時のレシートの提示を求められることがあります。

※上記には見過ごしがちなトレッキングシューズに付着している土なども申告対象になりますので注意して下さい。もちろんニュージーランドへ向かう飛行機内で出された食品も持ち込みが制限されています。「後で食べよう」とリンゴをポケットの中に入れ忘れ通関チェックで多額な罰金が科せられた事例があります。また罰金を拒否した場合は以降ニュージーランドに入るのが難しくなる可能性があります。

※ご案内している情報は一般的な情報となりますので、詳しくはご利用の航空会社へお問合せ下さい。

■オークランドオフィス
(NZ時間:11:00~18:00 月~金)
TEL:+64-9973-5979
■日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
(日本時間:10:00~20:00 年中無休)
フリーダイヤル:0120-4192-09
■カウンセリングをご希望の方
■学校の無料お見積もりはこちらから!
  • Clip to Evernote