ニュージーランド留学なら手数料無料のニュージーランド留学センター。
あなたの希望に併せて適切な学校をご提案。説明会も随時開催中!

  • ニュージーランド留学センターtwitter
  • ニュージーランド留学センターfacebook
  • ニュージーランド留学センターLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~20時(月~金) 10時~19時(土日)
  • オークランドオフィス
    TEL+64-9973-5979
    受付時間(現地時間)/10時~18時(月~金)

ニュージーランドで会計士になる
学ぶ


schoolphoto01

経済成長してきたニュージーランドで会計士の需要が高まっています。2011年に起きたクライストチャーチの地震で壊れてしまった街を再建するのにも必要です。そのため会計士はニュージーランド移民局が求めている不足職業リストに入っています。ゆえに永住権を取ることを視野に入れている方にとって大きなアドバンテージとなります。

残念ながら日本の公認会計士資格(JLCPA)を習得していても、ニュージーランドでは資格扱いをされません。ニュージーランドでCertified Accountant(CA)、公認会計士の資格の勉強をしていただくことになります。
 

今まで会計の勉強をしたことがない方

STEP1

IELTS 5.5-6.5の習得

ニュージーランドの進学準備コース入学に向けてIELTS 5.5-6.5の習得を目指します。

STEP2

進学準備コースの受講(Foundation Course)

IELTSのスコアを取得した後、進学準備コースを受講します。その後に進学したい大学や通ってるコースによって期間は異なりますが、一般的には4ヶ月-1年半となります。ただし、ビジネスコースに入学する条件を全て満たしている場合、入学準備コースに通わずに済む場合もあります。そのときに求められるIELTSのスコアは全てにおいて5.5以上取った上で平均が6.0以上となります。

STEP3

大学、大学院、専門学校での履修

大学、大学院または専門学校で会計学を履修していただきます。
いずれの場合もCAANZ(Chartered Accountants Australia + New Zealand)認可のコースでの履修が必要になります。
*専門学校によって求められるIELTSのスコアは変わってきます。
*通う学校により履修期間も異なります。

 

日本で会計学を勉強し、学士号を持っている方

STEP1

IELTS 6.5- の修得

大学院、専門学校に通う為の英語力を身につける必要があります。

STEP2

大学院、専門学校での履修

入学条件を満たした後、大学院、または専門学校で会計学の履修が必要になります。
期間はその学校によって異なりますが、1年かそれ以上かかります。

 

大学、大学院、専門学校卒業後

Final STEP

3年間の実務経験

大学、大学院、専門学校を卒業した時点で公認会計士の仮免許を申請するともらうことが出来ます。それを使い、ニュージーランドで3年間の実務経験が求められます。実務はCAANZ認可の会社で働く必要があります。また、それと同時にCAANZのケーススタディをこなさなければなりません。

全てが終了した後CAANZに資格を申請すると、晴れて公認会計士となることが出来ます!
長く険しい道のりになると思いますが、是非頑張って下さい!

*CAANZについてはこちら

オススメの学校

Eastern Institute of Technology (EIT)

専門学校
会計の勉強をしたことがない方はこちら!
コース名:Bachelor of Business Studies
学費:$17,600/年
期間:3年間 フルタイム(月曜-金曜)
日本で会計の学士号を取得している方はこちら!
コース名:
Graduate Diploma In Professional Accounting
学費:$18,500/年
期間:1年間 フルタイム(月曜-金曜)

学ぶ
初めての方へ
基礎知識
ビザ情報
生活情報
地域情報
海外保険
趣味留学
  • ニュージーランド留学体験談
  • 留学で役立つ情報を配信中!留学コラム
  • フィリピン+
			ニュージーランド!!2カ国留学スペシャル特典!!
  • Q&Aよくある質問
  • skype,LINEカウンセリングはこちら
  • ネイティブ講師による英会話レッスン出発前無料英会話プレゼント中
  • ニュージーランドで働こう!インターン生募集中
  • 主要7社の海外旅行保険料金カンタン比較はこちら!