ニュージーランド留学なら手数料無料のニュージーランド留学センター。
あなたの希望に併せて適切な学校をご提案。説明会も随時開催中!

  • ニュージーランド留学センターtwitter
  • ニュージーランド留学センターfacebook
  • ニュージーランド留学センターLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間(日本時間)/10:00~20:00(年中無休)
  • オークランドオフィス
    TEL+64-9973-5979
    受付時間(現地時間)/10:00~18:00(月〜金)

ニュージーランドで親子留学
学ぶ

親子留学

schoolphoto01

他の英語圏に比べ、物価が比較的安価であり、常に治安の良い国として世界ランキング上位10に入っていること。 また大自然が手つかず残っており、豊かな自然に囲まれた環境の良さが理由のひとつでもあります。移民が多く、色々な文化や言語の人達と学び切磋琢磨出来、国際感覚を身につけることが出来ます。アウトドア大国のニュージーランドでスポーツを通して子供の成長を見ることも出来ます。

親子留学のメリット

schoolphoto01

◇お子様にとっての利点

●早い段階から英語に慣れる
●海外に目を向けるチャンスになる
●視野、選択肢が広がる
●保護者と一緒なので安心して留学できる

schoolphoto01

◇保護者にとっての利点

●英語力確認と向上
●キャリアアップ
●家族で貴重な体験、思い出が出来る
●海外移住を考えていて「お試し」ができる

親子留学に必要な準備

短期留学の場合(3ヶ月未満)

短期留学の場合はビザなし(申請不要の観光ビザ)で学校へ行く事が出来ます。その分気軽に語学+旅行感覚で楽しむ事ができますが、短期間の為英語での生活に慣れる事、NZの自然を親子で楽しむ事に重点を置くと良いでしょう。その他に準備として下記が必要です。

●生活費の確保

●レンタカーを現地で借りる場合は、国際免許証の取得
●海外保険の加入
●滞在先について調べておく
●国内旅行やアクティビティーなどの計画


長期留学の場合(3ヶ月以上)

短期留学で必要な物に加え、長期留学の場合は、学生ビザが必須です。
親子共に長期で学校に行く場合はそれぞれ学生ビザが必要となります。

ビザについて

親子留学をする場合、ビザの取得パターンが3種類あります。


保護者様 お子様
短期留学(3ヶ月未満) ビザなし ビザなし
長期留学(3ヶ月以上)

パターン1
学生ビザ 学生ビザ
長期留学(3ヶ月以上)

パターン2
学生ビザ ガーディアンビザ

※13歳以下の学生が留学する場合、必ず法的な保護者(ガーディアン)が一緒に滞在する義務があり、そのために保護者様が取得するのがガーディアンビザです。申請は学生ビザ申請時に行います。

※ガーディアンビザは基本的に就学とワークの許可がないのですが、現地で条件変更の手続きを行った場合、ガーディアンビザの滞在可能期間内で「月曜〜金曜・9:30〜14:30」の時間帯でのワーク、もしくは語学学校のパートタイムコース受講の許可がおります。

親子留学プラン

目的で滞在先を選ぶ

親子留学では保護者様とお子様の目的にあった留学方法を選択することができます。


◇お子様に都会で英語の勉強を体験させたい方

都市名 お子様の年齢 お子様 保護者様
オークランド 6歳以上 語学学校 / 現地の学校 語学学校
0歳以上 幼稚園・保育園
ウェリントン 14歳以上 語学学校 語学学校

 

◇お子様に大自然の中での英語の勉強を体験させたい方

都市名 お子様の年齢 お子様 保護者様
ネイピア 14歳以上 語学学校

New Horizon College of English
語学学校

New Horizon College of English
コロマンデル 11歳以上 語学学校 語学学校

Evakona Education
6歳〜12歳 現地小学校
0歳〜6歳 保育園・幼稚園
ロトルア 11歳以上 語学学校 語学学校

Rotorua English Language Academy
6歳以上 現地の学校
0歳〜6歳 保育園・幼稚園
ハミルトン 14歳以上 語学学校 語学学校

Waikato Institute of Education
6歳以上 現地の学校
3歳〜5歳 保育園・幼稚園

条件でプランを考える

お子様の年齢や英語のレベル、日程、予算によってプランが変わります。親子留学を受け入れている学校が各地域にあるので、ご家族の条件に合わせて学校選びをしましょう。

なお、語学学校は基本的に毎週月曜日に入学可能ですが、お子様が現地の幼稚園または学校に通う場合は、学校の休み期間中の受け入れが出来ないため注意が必要です。

★学校の日程-2017年-★

●1学期:1月30日〜4月13日
●2学期:5月1日〜7月7日
●3学期:7月24日〜9月29日
●4学期:10月16日〜12月20日


予算はどのくらい?

公立学校の学費は日本円で年間90万円〜140万円、私立校になるとその1.5倍〜2倍になります。語学学校は、週25時間の一般英語コースを受講する場合、週3万円〜4万円かかります。またホームステイについては、手配を行う学校にもよりますが、滞在先手配料がおよそ2万円、ホームステイ滞在費は食事込みで週2.5万円前後が平均になります。(お一人様の料金です)

親子留学でオススメの学校一覧

場所 学校名 受け入れ年齢 期間
オークランド

New Zealand Language Centres(NZLC)

ニュージーランド・ランゲージ・ センター

11歳~ 1週間~

CCEL:College Of English

シーシーイーエル カレッジオブイングリッシュ

14歳~ 2週間~

Kiwi English Academy

キウイ・イングリッシュ・ アカデミー

11歳~ 2週間~
ネイピア

New Horizon College of English

ニューホライズンカレッジオブイングリッシュ

14歳~ 2週間~
ウェリントン

The Campbell Institute

キャンベル・インスティチュート

14歳~ 2週間~
コロマンデル

Evakona Education

エバコナ・エジュケーション

11歳~(グループ)

14歳~(高校準備)

1週間~
ロトルア Rotorua English Language Academy

ロトルア・イングリッシュ・ ランゲージ・

アカデミー

11歳~ 1週間~
ハミルトン

Waikato Institute of Education

ワイカト・インスティチュート・ オブ・ エデュケーション

14歳~ 1週間~

注意事項

※14歳に満たないお子様の登下校には必ず保護者様が付き添って下さい。

※ニュージーランドでは、14歳未満の子供は常時大人の保護下にいなければなりません。学校に行っている間以外は、必ず保護者様とお子様は一緒に行動されますようご注意下さい。

※日本国籍の方の3ヶ月以上の滞在にはビザが必要となります。ガーディアンビザ、学生ビザなど、必要になるビザが異なりますのでご注意下さい。

※現地の小中学校・高校へ通う場合、学校によっては制服費や教材費等の別途費用が発生する可能性があります。

学ぶ
初めての方へ
基礎知識
ビザ情報
生活情報
地域情報
海外保険
趣味留学
  • ニュージーランド留学体験談
  • 留学で役立つ情報を配信中!留学コラム
  • フィリピン+
			ニュージーランド!!2カ国留学スペシャル特典!!
  • Q&Aよくある質問
  • skype,LINEカウンセリングはこちら
  • ネイティブ講師による英会話レッスン出発前無料英会話プレゼント中
  • ニュージーランドで働こう!インターン生募集中
  • 主要7社の海外旅行保険料金カンタン比較はこちら!