ニュージーランド留学なら手数料無料のニュージーランド留学センター。
あなたの希望に併せて適切な学校をご提案。説明会も随時開催中!

  • ニュージーランド留学センターtwitter
  • ニュージーランド留学センターfacebook
  • ニュージーランド留学センターLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間(日本時間)/10:00~20:00(年中無休)
  • オークランドオフィス
    TEL+64-9973-5979
    受付時間(現地時間)/10:00~18:00(月〜金)

簡単に行ける!! 南島小ラウンド 趣味留学・旅行

簡単に行ける!! 南島小ラウンド

southisland


南に行きたいけど、どう計画をたてていいのか分からない・・・と思ってる方も多いはず♪本当のニュージーランドは南島にあります!!自分で全て手配するので、出発前の準備が少し大変ですが、実際に行くと大きな感動が待っています!ニュージーランドの大自然を満喫してください。今回は私(ニュージーランド留学センター担当者)が周ったルートと体験談をご紹介したいと思います♪


 

時期

12/15~20(2012年)の6日間

訪問都市

●Queens Town (3泊) ●Arrow Town ●Cromwell ●Lake Tekapo (2泊) ●Mt. Cook


 

ルート

AucklandからQueen Townまで飛行機で約1時間半。

Queens Townでレンタカーを5日間借りて、Lake Tekapoを目指しました!!


 

かかった費用

総額 約700ドル程度  *時期や予約状況によって変わります。


 

事前準備

■EFTPOSを持っていない方は、現金のご用意を

町の中心地であればクレジットカードを使えるお店もありますが、少し郊外へ出ると使えない施設も多いので現金が必要になりますので、事前にご用意ください。EFTPOSをお持ちの方は問題なく使えますので、ご安心ください。

※EFTPOSはニュージーランドに口座を持っている方で、カードを切った時点で口座から引き落とされる支払方法です。


 

■オークランドからクィーンズタウンまでのフライトチケットの手配

国内チケットはGrabaseatが安い!毎日値段が変わるので小まめにチェックされることをおススメします。

12~2月はベストシーズンのため、早めの予約がいいかと思います。


 

■宿泊施設の確保

南島は小さな町がほとんどです。宿泊施設も多数充実していますが、時期によってはすぐに予約が埋まってしまいますので、早めの予約をおススメします。私は今回、下の2つのバックパッカーに5泊しました。

●Base (Queens Town) →一回にBarがあり、賑やかなバックパッカーです。

●YHA Lake Tekapo → ラウンジの窓からテカポが一面に広がり、おススメです。 ※いろんなバックパッカーを比較したい方 ●Hostelworld ●トリップアドバイザー


 

●ミルフォードサウンドのツアー予約

南島に行くならミルフォードサウンドの絶景は外せません!自然の作り上げた美しいフィヨルド、世界遺産ミルフォードサウンドをクルーズ船にて廻ります。クルージング自体は2時間~2時間半程度です。クィーンズタウンやテ・アナウからの送迎付きプランもあるので安心です。旅行期間が決まっている方は事前に予約された方がいいかと思います。

<ツアー> ●Real jurney ●Eco Toures


 

<レンタカー会社リスト> ●ace rental cars ●omega rental cars ●jucy rentals


 

ニュージーランドにもレンタカーの会社がいくつかあります。私はomegaレンタカーを利用しましたが、aceレンタカーも安いですよ。またニュージーランドは日本車がとても普及していますので、レンタカーも日本車が選ぶことができます。安心ですよね!私もマツダのデミオで周りました!保険に関しては追加料金が必要ですが、Full Insuranceをつけることをおススメします。以下リスト以外にもたくさんの会社があるので比較してみてください。


 

※運転の際の注意点※

ニュージーランドも日本と同じ右ハンドルの左側通行で、左折優先です。また広い山道が続きますので、スピードオーバーにご注意ください。高速の制限速度は100/kmです。


 

ランドアバウト

ニュージーランドでは中心地以外はほとんど信号がなく、交差点にランドアバウトと呼ばれるロータリー式の環状交差点があるケースが多いです。この場合必ず時計回りで、右からの車を優先しなければいけません。

また、信号の代わりによく見かけるのがGIVE WAYという標識です。車が来ていなければ進んでいいという意味になります。中心地を抜けるとすぐに山道が続きます。ニュージーランドは野生の動物も多いのでご注意ください

運がよければ羊の群れに遭遇するかも?!私はMt.Cookへの道中に羊の群れに会うことができました!

全席シートベルト用が必須

ニュージーランドでは運転席、助手席はもちろん、後部座席でもシートベルトの着用が必須となっています。


 

ガソリン補給場所

クイーンズタウンを出発し、Tekapoに向かって3/4ほど進んだところにTwizelという小さな町があります。そこでガソリンを補給すことができます。


 

ガソリンの入れ方

ニュージーランドのガソリンスタンドはほとんどがセルフサービスです。(1)満タン、(2)金額を指定、3)リッター数を指定のいずれかを選び、ガソリンを入れます。入れた後は、敷地内にあるコンビニのレジでガソリンを入れた機械の番号を伝えると必要な金額を店員さんが教えてくれますので、支払えば完了です。朝一や夜中にガソリンを入れる必要があり、コンビニも閉まっている場合は現金が使えないケースがありますので、事前に補給しておきましょう。

ガソリンの種類としては、レギュラー、ハイオク、ディーゼルの3種類ありますが、ニュージーランドではレギュラーを91やUnleaded、ハイオクを96やPremium、ディーゼルはDieselと呼びますので入れる際にはご注意ください。


 

■アクティビティをできるだけ安くしたい!!

●Bookme


 

■Queens Town(1日目)

<美しいLake Wakatipu(ワカティプ湖)に面したアクティビティ中心の町>

周囲の山々に囲まれたその美しさが「ヴィクトリア女王にふさわしい」と名づけられたのがクィーンズタウン。また絶景と一緒に楽しめるアクティビティが豊富に揃っています。クィーンズタウンはバンジージャンプ発祥の地としてもとても有名です。夏にはバンジージャンプやパラグライディング、ゴルフ、湖でのジェットボート、釣りなどが楽しめ、冬には周囲のコロネット・ピーク (Cornet Peak) やリマーカブルズといったスキー場でスキー・スノーボード、蒸気船での観光、カジノでのギャンブル、食事などを楽しむこともできます。


 

バンジージャンプ

クィーンズタウンはバンジージャンプ発祥の地。昔はマオリ族が木の蔓を使って飛んでいたんだとか。勇気を出して一度チャレンジしてみてはいかがですか?

●Kawarau Bridge Bungy ●The Ledge Bungy


 

ジェットボート

渓谷の間を20分間全速力で走り抜けるジェットボートは迫力満点!!

走ってる間も運転しているお兄さんが楽しく話しかけてくれます。 ●Shotover Jet


 

skyline Luge

ゴンドラに乗ってSky Lineを登ると感動的な絶景が広がっています!その絶景を見ながらLugeに乗って坂を下るととっても気持ちいいんです!

エンジンを使っておらず、ハンドルでブレーキを操作しますのでコツさえ分かれば安心してお楽しみいただけます。下る前にちゃんと簡単な乗り方の説明を受けるので、不安な方も大丈夫です。お子様も一緒に楽しめるアクティビティです


 

ハンバーガーが有名

クィーンズタウンにある有名なハンバーガーを二つご紹介します。

一つ目はFERGBURGER(ファーグバーガー)。いつも行列が絶えず、超人気店です。ハンバーガーは20cmもあり、ボリュームたっぷりでとってもおいしいです!*サイズは選べます。


 

二つ目がDEVIL BURGER(デビルバーガー)。名前は一見そうですが、ここもおススメの人気ハンバーガーショップです。


 

ワカティプ湖を眺めながらおいしいホットチョコレートを

●Patagonia Chocolate

クィーンズタウン地域限定の有名なチョコレート店。ここのホットチョコレートにはとっても癒されますよ♪クィーンズタウン市内の他、クィーンズタウン空港と次にご紹介するアロータウンにも店舗があります。


 

■Arrow Tow(1日目)

<ゴールドラッシュで栄えた歴史ある町>

クィーンズタウンから車で15分にある、ニュージーランドで最も美しい開拓地のひとつであるアロータウンは、かつてゴールドラッシュに沸き返ったアロー川(Arrow River)沿いに位置し、町には19世紀の建造物が並んでいます。中国人鉱夫の居住地跡やレイクス地方博物館(Lakes District Museum)で歴史を感じてみてください。またかわいいカフェも並んでいてとてものんびりできる町です。クィーンズタウンからバスも出てるので車がない方でも行けますよ。


 

ミルフォードサウンドツアー(2日目)

朝一からバスに乗り込み、ミルフォードまでバスで約4時間。2時間半のクルージングを含め夕方にクィーンズタウンに戻ってくるので丸一日が必要です。


 

Cromwell(3日目の道中)

<フルーツ産業が盛んな歴史ある町>

ダンスタン湖(Lake Dunstan)の沿岸に位置するクロムウェルは、1980年代に大きな変遷期を迎え、一部がクライド・ダム(Clyde Dam)水力発電所の建築のために水没してしまいました。代表的な歴史的建造物の移転により、オールド・クロムウェル・タウン(Old Cromwell Town)と呼ばれる集落ができ、現在、観光名所のひとつになっています。

ここにあるカフェのサンドウィッチがとっても絶品でした!!Take awayをして高速道中の適当な場所で車を停めてルピナスの花を眺めながら食べました。サーモンとクリームチーズのサンドウィッチです。

そしてクロムウェルはフルーツ産業で有名新鮮なアイスクリームもぜひご賞味ください!


 

Lake Tekapo(4日目)

<満点の星空と乳白色の湖がに魅了>

南島のほぼ中心に位置するテカポ湖は、クィーンズタウンからでもクライストチャーチからも行くことができます。2012年6月、テカポ湖周辺の地域はその突出した夜空の美しさを評価され国際ダークスカイ・リザーブ(星空保護区)からゴールドステイタスを与えられました。アナザースカイでローラさんがここを訪れていましたね。現在、テカポ湖周辺の空が新たな世界遺産として検討されており、正式に決定すれば、世界で初めて、星空が世界遺産に登録されることになります。

テカポ湖のこの美しい乳白色は、氷河が動く時に削りだす、ロックフラワーと呼ばれる小麦粉のように細かい岩石の粉が湖の水に溶け込んでいるためです。

12月~1月に咲くルピナスとのコントラストがとてもキレイです。夜はアース&スカイの星空ツアーに参加。真っ暗の中一面の星空が広がっています。木星や天の川もはっきりと見え本当にきれいでした。

●Earth & Sky

湖周辺をゆっくりと散策すると、よき羊飼いの教会があります。観光スポットとしてもとても有名です。

湖畔にあるレストラン『こはん』のサーモン丼がとっても有名です。たまに日本食が恋しくなる時があると思います。サーモンが有名なので新鮮でおいしかったです。また、温泉もあるので旅行で疲れた体を癒してみてはいかがですか?


 

Mt. Cook(5日目)

<ニュージーランドの最高峰、世界遺産マウントクック>

テカポから1時間半程度走ると世界遺産でもあるマウントクックに行くことができます。マウントクック国立公園ではたくさんのトレッキングコースがあり、初心者でも安心な1時間程度のコースから往復8時間の本格的なコースもあります。

マウントクック・ナショナルパーク・ビジターセンター周辺には案内所兼資料館や宿泊施設なども揃っています。今回私はクック峰の絶景スポットを目指し、Kea Pointという往復2時間のトレッキングコースを選び歩きました。お水や食料は必ず持っていくようにしてください。また夏はとても紫外線が強いので帽子も必須です。

*テカポからマウントクックに向かう途中に広がるプカキ湖もバックにクック山脈が見えて、とても壮大です。


 

Queens Townへ(6日目)

飛行機の時間を考慮し、朝一でテカポを出発。Cromwellでガソリンを入れ、レンタカーを返却し、オークランドに戻ってきました。テカポの明け方は霧が濃いため、運転には十分ご注意くださいね。

趣味留学
初めての方へ
基礎知識
ビザ情報
学ぶ
生活情報
地域情報
海外保険
  • ニュージーランド留学体験談
  • 留学で役立つ情報を配信中!留学コラム
  • フィリピン+
			ニュージーランド!!2カ国留学スペシャル特典!!
  • Q&Aよくある質問
  • skype,LINEカウンセリングはこちら
  • ネイティブ講師による英会話レッスン出発前無料英会話プレゼント中
  • ニュージーランドで働こう!インターン生募集中
  • 主要7社の海外旅行保険料金カンタン比較はこちら!