ニュージーランド留学なら手数料無料のニュージーランド留学センター。
あなたの希望に併せて適切な学校をご提案。説明会も随時開催中!

  • ニュージーランド留学センターインスタ
  • ニュージーランド留学センターtwitter
  • ニュージーランド留学センターfacebook
  • ニュージーランド留学センターLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~19時
  • オークランドオフィス
    TEL+64-9973-5979
    受付時間(現地時間)/9時半~17時半(月~金)

大学
Information

schoolphoto01

ニュージーランドの大学は全部で8校しかありません。
クオリティーを保つために校数を増やす予定はなく、また各校に強みがあるのも特徴。
ニュージーランドの大学を卒業する事で、ポストスタディワークビザの申請が出来るため、卒業後もニュージーランドで就労することが可能です。
将来永住を考えている方も最初の一歩として大学進学はとてもおすすめのステップです。

オンライン大学留学

オンライン留学
ニュージーランドの国境が開くまで、日本からオンラインで学士課程をスタートしよう!
コロナ渦でも留学を後ろ倒しにせず、効率的に就学を進めることができます。
国境が再開次第、既定の期間をニュージーランドで対面授業に参加することで、ポストスタディワークビザの申請も可能です。卒業後にニュージーランドで就労をご希望の方にも朗報!



ニュージーランドの大学入学方法

本
ニュージーランドの大学へ入学するためには、英語アカデミックの基準を満たしている必要があります。
英語力は、日本で一般的に知られる英検やTOEICは、英語力の証明として認められていませんので、IELTSやPTE、ケンブリッジ英検などで提示する必要があります。
アカデミック力(学力)の証明としては、一部の学部を除き、日本の高校卒業資格と規定の成績を証明することで基準を満たすことが出来ますので、そこまで難関にはならないでしょう。



  • The University of Auckland (UoA)
    オークランド大学オークランド

    国内ランク:1位
    Bechelorの学費:NZ$32,280~/年
    ※学部によって学費は大幅に異なります。
    ニュージーランド最大の都市オークランドに位置し、世界ランキングにおいても常に上位にランクインしている大学です。人文学部、経済・経営学部、芸術学部、教育学部、工学部、法学部、医学部、理学部で構成されています。留学生数も多くサポートも手厚いです。考古学、教育、薬学、地理、看護、英文学、言語学、哲学、人類学が有名。特色のある学科はデータサイエンス、不動産学。大学の入学基準を満たしていない学生はTaylors College、Up Educationのファンデーションコース修了後に学士課程に進学できます。

  • Auckland University of Technology (AUT)
    オークランド工科大学オークランド

    国内ランク:8位
    Bechelorの学費:NZ$30,092~/年
    ※学部によって学費は大幅に異なります。
    オークランド工科大学には約3万人の学生が在籍しており、100か国から4000人以上の留学生が常に在籍しています。工科大学だけあり、AUTではアート&デザイン、コミュニケーション、ホスピタリティー&ツーリズム、工学、ビジネス、スポーツ科学、健康科学、教養などの科目を少人数の参加型授業で学ぶことできます。最高水準ながら少人数参加型授業を可能にし、なんと250以上のプログラムを開講!カリキュラムの一環として必須の実務体験ありで地元企業と人脈づくりの機会が全校生徒に与えられます!付属の語学学校AUT International Houseでは全てのレベルに対応した英語プログラムを受講できます。

  • University of Waikato (UoW)
    ワイカト大学ハミルトン

    国内ランク:6位
    Bechelorの学費:NZ$25,915~$33,735/年
    ※学部によって学費は大幅に異なります。
    アーダーン首相の出身校!ニュージーランド北島ハミルトンに本校を持ち、タウンランガにもキャンパスを持つ総合大学。全世界の大学ランキングでも過去5年で急上昇している実力派の学校です。ハミルトンという美しい土地柄、クラスのサイズは小さく、その分教育のクオリティーの高さを重視しており、食費や家賃など生活を抑えながら手厚い留学生サポートが受けられるアットホームな大学となっています。図書とITマネジメント、ホスピタリティ、人文、哲学が有名。特色のある学科は建築科学、言語学。付属のパスウェイカレッジでも様々なコースが用意されており、ビジネス英語、IELTS準備コース、EAP、英会話コースなど自分が求める分野にフォーカスして留学することが可能です。

  • MASSEY UNIVERSITY
    マッセ―大学パーマストンノース

    国内ランク:5位
    パーマストンノース、ウェリントン、オークランドの3都市に計4校舎のキャンパスを持つ、ニュージーランド国内で2番目に大規模な総合大学です。
    国内の様々な産業に精通しており、500を超えるコースで幅広い分野を専門的に学ぶ事ができます。100ヶ国以上の国から5,000人を超える留学生が毎年集まり、日々勉強に励んでいます。
    また、国内で唯一の獣医学と航空学を学べる大学としても有名です。園芸学、フードテクノロジー、スポーツマネジメント、データサイエンス、コンピュータサイエンスなども学ぶことができます。

  • Victoria University of Wellington (VoW)
    ビクトリア大学ウェリントン

    国内ランク:3位
    Bechelorの学費:NZ$26,149.2~$35,388/年
    ※学部によって学費は大幅に異なります。
    1897年の創立から、現在まで多くの著名人を輩出してきた伝統、歴史あるヴィクトリア大学ウェリントン。政府関係の機関が立ち並ぶニュージーランド首都に位置するこの大学、名前のヴィクトリアはイギリス女王ヴィクトリアに由来し、その誇り高さが伺えます。メインキャンパスはシティセンターのケルバーンにあり、周辺は多くの学生で賑わいます。法律学、行政学、芸術学、音楽学の領域から特に多くの功績者を出しており、2000年ノーベル化学賞に輝いたアラン・マクダイアミッドのおかげで更に国内外での評価は上昇し続けています。

  • University of Canterbury
    カンタベリー大学クライストチャーチ

    国内ランク:4位
    南島の歴史ある都市クライストチャーチに位置するカンタベリー大学は世界の大学ランキングで常に250位以内に入賞しており、15もの学部は世界のトップ200圏内にランクインしています。更にアカデミックリサーチ分野と講師の指導技術においては5つ星の定昇を頂いています。(QS世界大学ランキング)
    講師の質を最重要視しており、その一人一人の情熱と生徒を思う気持ちはカンタベリー大学の大きなセールスポイントと言えるでしょう。
    留学生にはホームステイのオプションや他の学生と一緒に共同生活をしてもらう学生寮が大人気。

  • University of Otago
    オタゴ大学ダニ―デン

    国内ランク:2位
    1869年の創立とニュージーランド国内で最も古い歴史のオタゴ大学は留学生・国内学生問わずニュージーランドで大学を選ぶ際、一番に話題になる学校です。150年以上も世界基準トップの教育の質、素晴らしい学生のキャンパスライフを保ってきた大学でそれは卒業生皆が頷く結果となっています。歯科、解剖学、生理学、古典古代史、開発学が有名。特色のある学科は、デンタルテクノロジー、放射線、神学。
    数字的に見ると、世界大学ランキング上位3%に入賞しており、12学部はTOP100に入っています。
    キャンパス近くには15棟もの学生寮、アパートがあり、通年約3500人の学生がそちらを利用して生活しています。
    85%以上の学生がダニーデン外から来ており、留学生を含め多様性豊か。美しいキャンパスランキングでは16位にランクインしており、オタゴ大学キャンパスに憧れてやってくる生徒が多いのも特徴。(Huffington Post 2013)

  • Lincoln University
    リンカーン大学クライストチャーチ

    国内ランク:7位
    1878年設立、南半球で最も古い農業学校であり、ニュージーランドで3番目に古い大学です。農業、畜産、バイオテクノロジー産業などの分野において有名であるほか、ワイン醸造科はニュージーランドの大学で唯一リンカーン大学に設置され、ワイン産業へ多くの人材を輩出しています。大学施設のほか、農業試験場、ワイン畑、ワイン醸造所、商業用農地をニュージーランド各地に保有。そして、観光旅行業界(国内、国外)は最も早く成長する産業だと捉えています。世界的なビジネス環境、土地、計画設計、人々と経済 、接客等、観光マネジメントに必要なことを学び、最終的に資格取得、管理できる様に訓練して行きます。