ニュージーランド留学なら手数料無料のニュージーランド留学センター。
あなたの希望に併せて適切な学校をご提案。説明会も随時開催中!

  • ニュージーランド留学センターインスタ
  • ニュージーランド留学センターtwitter
  • ニュージーランド留学センターfacebook
  • ニュージーランド留学センターLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~20時(月~金)10時~19時(土日祝)
  • オークランドオフィス
    TEL+64-9973-5979
    受付時間(現地時間)/9時半~17時半(月~金)

留学コラム
Column

コスパよし!味よし!スーパーで買えるお土産特集☆

帰国時に頭を悩ませるのが、お土産。

あの人にも、この人にも・・・思ったよりたくさん買わなければいけないものです。また、特にオークランドシティーにはお土産屋さんが沢山集中していて、どこで何を買おうか本当に迷ってしまいます。

さて、ここでは、あえてお土産やさんではなくて、スーパーで買えるお土産をいくつかご紹介いたします。お土産屋さんで揃える定番特集はこちらをご覧くださいね。

Cookie times

ニュージーランドの定番中の定番クッキー!
最近、日本の原宿にも店舗ができ、さらに人気と知名度がアップしました。一枚で十分満たしてくれるこの大きさとずっしりとした重さは、日本のお菓子にはなかなかないですよね。ちなみに、小さい小分けのものもあるので大人数に配るときにはそちらがおすすめ。

Whittakers

日本では板チョコを食べる事はそんなにないような気がしますが、ニュージーランドではむしろ板チョコの方が人気なのだとか。
Whittakersのチョコレートは、ニュージーランドの有名チョコレートブランドで、一枚でかなりのボリュームがあります。
キウイフルーツやHokeypokey入りのものもあるので、お土産に最適です。
こちらも小分けのものもあります。

Chocolate Fish

お魚の形をしたマシュマロにチョコレートがコーティングされた、ユニークなお菓子。見た目も面白いので喜ばれること間違いなし!

Bennetts of Mangawhai

こちらの看板商品、フィジョアのチョコレートは他のメーカーでもなかなか見かけない珍しい味です。ニュージーランドのフルーツといえばキウイフルーツが浸透していますが、現地ではフィジョアも同じくらい人気なのだとか。

Kumara Chips

ニュージーランドのお芋、クマラのチップスです。クマラとは、10世紀ごろ、その祖先が太平洋の島からNZへ持ち込んだとされるマオリの主食で、水分が少なく甘みのあるお芋。チップスで気軽に食べられるのもいいですね。

Pavlova

卵黄と砂糖などを混ぜて焼いた、クリスマスの定番ケーキ。発祥はニュージーランドかオーストラリアかはっきりはしていないのですが、キウイの人々はニュージーランド発祥だと信じていますので、こちらもご紹介しますね。

こちらに生クリームとキウイフルーツをトッピングするのがキウイ流。スーパーにはこのような小さいものがあるのでお土産としても持って帰ることができます。

Avocado Oil

アボカドオイルは、実はニュージーランド発祥なのです。

味にクセがないので、どんな料理にでも合うとのことで人気で、日本ではまだあまりなじみがないものですが、身体や美容にいいと近年世界中で人気向上中です。

Flat White

オセアニア地域で主流なコーヒー、フラットホワイト。日本でいうカフェラテのようなコーヒーなのですが、ミルクフォームがラテよりもきめ細かいのが特徴。

インスタントがスーパーでは手に入るので、コーヒー大国、ニュージーランドフラットホワイトを再現することができますよ。

New Zealand Breakfast

English breakfastのニュージーランド版。
味としてはほんの少し苦めなので、ミルクを混ぜてミルクティーとして飲むのが良いのだとか。

「キウイの人々が朝食と共に飲むのにふさわしい紅茶」をコンセプトに作られたそうです。

L&P

レモンスカッシュのような、炭酸レモンの飲み物。ニュージーランドの飲み物といえばL&P!というほど知名度も人気もあるジュースです。

ここ最近は、ちょっと辛目なチリペッパーが入った味、少しすっぱめなサワーの味等々、いろんな味が出ていますので、ぜひ、ニュージーランド滞在中にぜひ試してみてください。



まとめ

いかがでしたでしょうか?
スーパーマーケットには、現地の人に愛されて、購入されているものがたくさんありますので、現地の生活に根付いた商品を手軽に手に入れることができます。

費用も抑えられますし、このようなお土産のスタイルもありだと思います。空港でもお土産をご購入できますが、割高になりますので、スーパーで購入した方がだんぜんお得です!

スーパーマーケットを散策しながら、現地の人が良く購入するものをお土産として購入すると喜ばれると思います☆