ニュージーランド留学なら手数料無料のニュージーランド留学センター。
あなたの希望に併せて適切な学校をご提案。説明会も随時開催中!

  • ニュージーランド留学センターインスタ
  • ニュージーランド留学センターtwitter
  • ニュージーランド留学センターfacebook
  • ニュージーランド留学センターLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~20時(月~金) 10時~19時(土日)
  • オークランドオフィス
    TEL+64-9973-5979
    受付時間(現地時間)/10時~18時(月~金)

留学コラム
Column

行ってみるまでわからない?ニュージーランドのホームステイ事情!

高校生留学など未成年の留学では必ずといって良いほど不安になるホームステイ。また、最近では短期留学、ワーキングホリデー期間中でもニュージーランドの実際の家庭での生活を経験出来ることから人気のホームステイ!実際に行ってみるまで不安ですが、今回は体験談を含めての先輩方が経験した色々なホームステイ事情についてご紹介します!

ホームステイファミリー(受入側家族)について

自分自身も親御さんもどんな家族の家にステイすることになるのか、ワクワクドキドキ楽しみな反面、やはり心配になると思います。ニュージーランドではホームステイファミリーになるにはいくつかの条件があって、誰でもなれるわけではありません。今回はその条件を紹介していこうと思います。

★お部屋について

ベッド、シーツ、クローゼット、机と椅子、シャワー、ヒーターなど設備の整った留学生専用の個室があること。インターネット、電話の使用などその他生活に必要な物にアクセス可能なことなどが揃っているかの審査があります。

★食事について

高校生

毎日の朝昼夜ご飯、おやつ

 

専門学校、大学生

平日:朝夜ご飯、おやつ 休日、祝日:朝昼夜ご飯、おやつ
家庭の事情で準備できない場合は家庭での金額負担、友達などと出かけるときは自己負担での食事になります。

★洗濯、掃除など身の回りの事

洗濯物や掃除などは基本家族がまとめてしてくれることがほとんどですが、気になる方は家族に相談して自分でする事も可能です。また休みの日など、家にいるときは、自分から率先してお手伝いしてみるの良いかもしれませんね!コミュニケーションが取れて英語の練習になるかもしれません。



★その他

審査の過程でホームステイファミリーの無犯罪証明書の提出が義務づけられています。犯罪歴がある人などはホームステイファミリーになれないようになっているので、安全・最低限の設備の保証はされています。 また事前にホームステイファミリーの資料などでメールアドレスが分かる場合は、出発前にメールをしてみるとどんな人か分かって良いかもしれません。 住んでみて、性格など習慣があまりにも合わず、ファミリーにその事を相談しても解決できず、ストレスになってしまう場合はホームステイを紹介してくれた機関に相談してみるのも良いかもしれません。



ホームステイファミリーとの暮らし方

ニュージーランドは移民も多く様々な人種の方が暮らしている国です。なので、ホームステイが白人ではなかった!何てことは良くあります。ニュージーランドならでは、様々な文化に実際に触れ合えていろいろな体験ができるので、いろいろな考え方に巡り会えて、自分の視野も広がるんでは無いでしょうか。様々な宗教や文化の違いなどに戸惑うこともあると思いますが、家族によって気を付けることなどファミリーのプロフィールなどを確認して下調べしておくのも会話に繋がるので良いかもしれませんね。

国が違えば人柄も違う!

日本人は世界的にもトップクラスの几帳面、きれい好き、また真面目な性格と有名です。ですが、のんびりした生活を送っているニュージーランド人。とっても大ざっぱな性格でマイペースな方も多いです。お家の掃除、お料理の仕方、説明の仕方など、様々な場面でえ?こんな感じなの?大丈夫?と感じることがあるかもしれません。ですが!それは、こちらでは普通のこと。文化の違いなので仕方ありません。もし、気になる場合など自分で解決できる場合は、自分で対処して、できない場合は家族に相談してみて下さい。



英語があまり分からなくても大丈夫!

始めから完璧に英語が話せる人はほとんどいません。全く話せない人の方が多いです。ホームステイファミリーに登録している人は、以前にも受け入れ経験があったり、多様文化に理解が有り興味がある人がほとんどです。留学生の対応にも慣れているので、英語が話せなくても心配することはありません。自分の言いたいことを整理して、辞書などで単語を調べながらでもいいのでゆっくり相手に伝えることから始めてみて下さい。また、ファミリーの方もゆっくり分かりやすい英語で話してくれます。それでも分からないときは、恥ずかしがらずに分からないのでもう一度ゆっくり話して欲しいと伝えてみて下さい。とにかく、シャイにならずに挑戦なしでは上達できません!



ホームステイをすると太ってしまう?

ニュージーランド人は食べる事が大好き、世界の太っている人が多い国ランキングでも3位以内にランクインするほど成人の半数程度は肥満であると記録があります。高校ではモーニングティー(ランチの前にあるおやつの時間)やアフタヌーンティー(午後のおやつの時間)があり、友達などどおしゃべりしながらおやつを食べる時間が合ったり、お家に帰ると夕食後の家族団らんの時間に、アップルパイ、ホーキーポーキーのアイスクリーム、クッキー、ケーキなどデザートを食べながらテレビを見て過ごす事があります。また、日本の様に電車やバスなどの交通機関が充実していないので、ニュージーランドではほとんどが車移動!なので、とっても太りやすい生活になってしまうのです。美味しい物をたべつつ、運動をするなどして体調管理には気を付けて下さい!



学生のお楽しみでもあるお弁当は期待しない!

食べる事が大好きなニュージーランド人ですが、大ざっぱな性格なので、日本食のような手の込んだ料理などはあまり期待できません。ローストチキンにサラダ、マッシュドポテト、パスタなど簡単な物が普通です。ビックリするのはお弁当!日本の様にかわいいキャラクターのお弁当やおかずがたくさん入ったお弁当などはありえません!サンドイッチなどが普通です。林檎やにんじんなどをそのまま渡されることもあります。そうです、かじりついて食べるんです!ぜひ、ニュージーランド人になった気持ちでかぶりついてみてください。 家族が忙しくてお弁当が用意できなかった、なんて事もあります。学校の中や近くにカフェテリアや売店があるので、ニュージーランドで有名なパイやフィッシュ&チップスなど試してみて下さい!



家族とのお出かけ

子どものいる家庭では週末や放課後などに公園、海、プール、動物園などアクティビティーに連れて行ってくれる家族がいます。日本人は言葉も分からずシャイになりがちですが、英語を上手に話せないことは受入れファミリーは分かっています!ゆっくりとした丁寧な英語で話してくれます、また子どもの話す英語は簡単な単語が多いので、コミュニケーションを通して日常英語を覚えることができます。なので、始めは緊張してシャイになってしまうと思いますがどんどん家族のアクティビティーに自分から参加してみて下さい。 もし、休みの日など家族が忙しくてどこにも連れて行ってくれない場合は、学校など画企画しているツアーや友達とお出かけなどを企画するのもいいかもしれません。せっかくニュージーランドにいらっしゃるので、色々な所に行ってみて下さい。



まとめ

いかがでしたでしょうか? 不安になることもありますが、文化が違えば習慣も違い様々な家族があります。家族から話しかけてくれるのを待っているだけでなく、シャイにならずに自分から笑顔で家族に話しかけてみて下さい! 出発前などに自己紹介、好きなことや会話のネタになりそうなことを英語で話せるように単語を調べておいたり、行ってみたいところなどを調べておくのも良いかもしれませんね。また、英語に自信の無い方は、日本の文化でもある折り紙などを披露すると興味を持ってコミュニケーションをとるチャンスに繋がるかもしれません。待っているだけで無く色々挑戦して、ぜひ沢山の人とのコミュニケーションで英語を上達させて、家族との思い出を沢山作って楽しいホームステイにしてください!