ニュージーランド留学なら手数料無料のニュージーランド留学センター。
あなたの希望に併せて適切な学校をご提案。説明会も随時開催中!

  • ニュージーランド留学センターインスタ
  • ニュージーランド留学センターtwitter
  • ニュージーランド留学センターfacebook
  • ニュージーランド留学センターLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~19時
  • オークランドオフィス
    TEL+64-9973-5979
    受付時間(現地時間)/9時半~17時半(月~金)

【ニュージーランド 日本領事館より】オミクロン株の蔓延度に応じた対応の第二段階への移行

オミクロン株の蔓延度に応じた対応の第二段階への移行

【ポイント】
●アーダーン首相は、オミクロン株の蔓延度に応じた三段階の対応計画に関し、2月15日(火)23時59分より、第二段階(Phase Two)に移行すると発表しました。
●感染者及び家庭内接触者の隔離期間は10日間、家庭外接触者の隔離期間は7日間となります。

【本文】
2月14日(月)午後、アーダーン首相は記者会見を行い、オミクロン株の蔓延度に応じた三段階の対応計画に関し、2月15日(火)午後23時59分から第二段階(Phase Two)に移行することを発表しました。なお、「COVID-19 Protection Framework」(通称「信号機システム」)の「赤」が維持されており、学校やビジネス等の閉鎖は発表されていません。
対応計画の第二段階の概要は以下のとおりです。

●第二段階は、市中感染が進んだ状態を指す。それ以上の蔓延を遅らせ、脆弱なコミュニティを保護することを目指す。
●すべての感染者を特定するよりも、オミクロン株による重症化リスクが高い者、及び必須労働従事者(critical workers:医療、食料供給、インフラ等)に焦点を当てることによって、リソースの逼迫を防ぐ。
●新型コロナの症状がある者、接触者として特定された者、及び感染者の立ち寄り先(location of interest)に特定の時間帯にいた者は、PCR検査を受検する。
●感染者の隔離期間は10日間とする。接触者の隔離期間は、家庭内接触者については10日間、家庭内以外での接触者については7日間とする。
●家庭内接触者は、隔離3日目及び8日目のPCR検査受検を必要とする(それ以外の接触者は隔離5日目に受検)。
●デジタル技術をより多く活用する。一例として、感染者はテキストメッセージでオンライン自己判断ツールに誘導され、リスクの高い接触(イベント、場所)に焦点を当てた調査を受ける。
●PCR検査とともに、迅速抗原検査(RAT)も活用される。接触者認定された無症状の必須労働従事者は、例外的に、RATでの陰性結果を受けて職場復帰する。

オミクロン株への三段階の対応計画の詳細については、次のウェブサイトを参照してください。
(Unite against COVID-19ウェブサイト:オミクロン株への対応)
https://covid19.govt.nz/prepare-and-stay-safe/about-covid-19/our-response-to-omicron/
(保健省ウェブサイト:オミクロン株への三段階の対応計画)
https://www.health.govt.nz/covid-19-novel-coronavirus/covid-19-response-planning/omicron-community-what-means-you#2
(NZ政府ビジネス関連ウェブサイト:例外的な必須労働者従事者の職場復帰スキーム)
https://www.business.govt.nz/covid-19/close-contact-exemption-scheme/