ニュージーランド留学なら手数料無料のニュージーランド留学センター。
あなたの希望に併せて適切な学校をご提案。説明会も随時開催中!

  • ニュージーランド留学センターインスタ
  • ニュージーランド留学センターtwitter
  • ニュージーランド留学センターfacebook
  • ニュージーランド留学センターLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~19時
  • オークランドオフィス
    TEL+64-9973-5979
    受付時間(現地時間)/9時半~17時半(月~金)

【ニュージーランド 日本領事館より】NZ水際におけるオミクロン株の確認に伴うコロナ対策

NZ水際におけるオミクロン株の確認に伴うコロナ対策

【ポイント】
12月21日、NZ政府は記者会見を行い、以下を発表しました。
●来年1月より、ワクチンのブースター接種までの間隔を6か月から4か月に短縮
●1月17日(月)より、5歳から11歳までの子どもへのワクチン接種を開始
●12月23日(木)午後11時59分より、MIQにおける隔離期間を7日間から10日間に変更
●1月7日(金)より、NZに入国するための出国前検査が可能な期間を出発72時間前以降から48時間前以降に短縮
●1月17日(月)から予定していたMIQに入らずに豪州からNZ入国が可能となる緩和措置を2月下旬まで延期

【本文】
12月21日(火)午後2時、ヒプキンス新型コロナ対策相は記者会見を行い、国外におけるオミクロン株の蔓延及び国内のボーダーにおけるオミクロン株の確認に伴い、以下を発表しました(一部、「Unite against COVID-19」掲載内容)。

1 ワクチン接種について
(1) 来年1月より、ワクチンのブースター接種までの間隔を6か月から4か月に短縮する。これにより、2月末までに、NZに居住するワクチン接種可能な者のうち82%がブースター接種可能となる。
(2) 新学期が始まる前の1月17日より5歳から11歳までの子どもへのワクチン接種を開始する。

2 国境管理について
(1) 12月23日(木)午後11時59分より、一時的な措置として、MIQにおける隔離期間を7日間(及び3日間の自主隔離)から10日間に変更する。
(2) 水際措置を強化するため、1月7日(金)より、NZに入国するための出国前の新型コロナウイルス感染症検査(PCR検査)を出国72時間前以降から48時間前以降に変更する。
(3) 1月17日(月)から予定していた隔離施設(MIQ)に入ることなくオーストラリアからNZに入国可能とする緩和措置は、2月下旬まで延期する。

3 市中感染が確認された際の対応
(1) オミクロン株の市中感染が確認された場合であっても、新型コロナウイルス保護枠組(信号機システム)により対応する。
(2) 感染を抑えるため、信号機の「赤」に指定する可能性はあるが、大規模感染により医療システムがひっ迫するなどしない限り、ロックダウンに移行するつもりはない。

(政府発表内容)
https://www.beehive.govt.nz/release/omicron-government%E2%80%99s-plan-minimise-risk
(「Unite against COVID-19」入国規制について)
https://covid19.govt.nz/travel/international-travel-and-transit/travel-to-new-zealand/