ニュージーランド留学なら手数料無料のニュージーランド留学センター。
あなたの希望に併せて適切な学校をご提案。説明会も随時開催中!

  • ニュージーランド留学センターインスタ
  • ニュージーランド留学センターtwitter
  • ニュージーランド留学センターfacebook
  • ニュージーランド留学センターLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~19時
  • オークランドオフィス
    TEL+64-9973-5979
    受付時間(現地時間)/9時半~17時半(月~金)

【ニュージーランド 日本領事館より】信号システムへの移行計画及びオークランドの移動制限緩和

信号システムへの移行計画及びオークランドの移動制限緩和

【ポイント】
●11月17日、アーダーン首相は記者会見を行い、オークランドを含むNZ全土について、11月29日に、新型コロナウイルス保護枠組(信号システム)への移行の可否を最終判断すると発表しました。
●オークランドの移動制限は、12月15日より大幅に緩和され、ワクチン接種証明又は検査の陰性証明があれば、オークランドから他地域への移動が可能となります。

【本文】
11月17日午後1時、アーダーン首相は記者会見を行い、現在ワクチン接種率(2回目)が全国的に82%を達成し、12月中旬には90%前後となることが見込まれること等から、以下の通り、新たな計画を発表しました。

1 信号システムへの移行
(1)オークランド及びその他NZ全土を、「信号システム」(「緑・オレンジ・赤」から成る新しい保護枠組)に移行するかについて、11月29日に判断する。移行時期は、決定後早い時期(”soon”)で検討している。
(2)信号システム移行後、オークランドは「赤」になる予定であり、その他地域はワクチン接種率によって「赤」又は「オレンジ」となる。
※信号システムの詳細については、下記リンクをご覧ください。
https://covid19.govt.nz/alert-levels-and-updates/covid-19-protection/

2 オークランドの移動制限の緩和
(1)12月15日より、ワクチン接種証明(2回)又は出発前72時間以内に受検した検査の陰性証明を有する者は、オークランドからの移動が許可される。また、その他地域からは自由にオークランドを訪れることができるようになる。なお、この要件は、12月15日から1月17日まで適用される。
(2)ノースランド地方との境界及びオークランドの南側の境界には警察等によるチェックポイントがスポットで設けられる。
(3)このルールに従わなかった場合、1,000ドルの罰金が課せられる。
(4)飛行機で移動する場合は、オークランド空港でチェックインする際に、ワクチン接種証明又は陰性証明の提示を求められることとなる。

3 NZ国内移動に関する留意点
(1)12月15日より、北島・南島間をフェリーで移動する場合も、ワクチン接種証明又は検査の陰性証明が求められる。
(2)12月中旬(14日目処)よりNZ航空は国内線搭乗者に対し、ワクチン接種証明又は陰性証明を求める予定。これはオークランド以外の移動を含め、全ての国内移動に適用される。
(NZ航空発表)
https://www.airnewzealand.co.nz/press-release-2021-jab-to-fly-this-summer