ニュージーランド留学なら手数料無料のニュージーランド留学センター。
あなたの希望に併せて適切な学校をご提案。説明会も随時開催中!

  • ニュージーランド留学センターインスタ
  • ニュージーランド留学センターtwitter
  • ニュージーランド留学センターfacebook
  • ニュージーランド留学センターLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~20時(月~金)10時~19時(土日祝)
  • オークランドオフィス
    TEL+64-9973-5979
    受付時間(現地時間)/9時半~17時半(月~金)

体験談
Experiences

やりたいことをやってみよう!

  • 名前
    豊田 悦子
  • 学校
    Free Bird Institute (Fiji)
  • 滞在期間
    Fiji 2017/2~2017/4 NZ 2017/5~2017/12

ニュージーランド留学をしようと思ったきっかけ
もともと英語が好きで海外にも関心があり、高校2年の時に学校のプログラムでクライストチャーチに約3週間滞在、現地の高校に通いました。ニュージーランドの人のフレンドリーさや都会と自然が織り混ざった雰囲気が気に入り、もう一度ニュージーランドに行きたいとずっと思っていました。大学に入学してから3年間アルバイトでお金を貯め、四年生になるタイミングで休学し、フィジー、そしてニュージーランドに来ました。大学卒業に5年かかりますが快く受け入れてくれた親には感謝しています。こちらの大学に通って何かを学ぶより、日本での就職の前に海外で社会経験を積んで、いきた英語を学びたかったこと、また、さまざまな都市を訪れたかったので自由度の高いワーキングホリデーの制度を利用しました。
学校について
学校はフィジーの語学学校に約3ヶ月通いました。もともとニュージーランドの語学学校に通う予定でしたが、予算をできるだけ抑えたかったこと、大学でオセアニア地域を専攻していて関心があったことから、フィジーの学校に通いました。
日本人の多い学校でしたが、学校の敷地内では英語以外の言語を話すことが禁止されていたので必然的に英語漬けの生活を送ることができました。フィジーの人々はとても陽気で話好きで道を歩いているとたくさんの人が話しかけてくれます。英語で話すのに変に気負う必要がなかったので、英語力に自信がつきました。自然が美しく、物価も安いため毎週末に離島に行ったり、山に行ったりとさまざまなアクティビティを楽しめるのもフィジーの魅力です。
費用について
フィジー3ヶ月、ニュージーランド6ヶ月、語学学校やフィジーでの生活費、航空券代や保険代金など諸々含めて150万円くらいです。ニュージーランドでの生活費はワーキングホリデーの仕事のお給料でまかなっています。
ニュージーランドでの生活について
現在日本食のレストランでウエイトレスとして働いています。オークランドのシティから少し離れているため、お客様はローカルの方が多く、最初は仕事を覚えることにプラスして慣れない英語での接客ということでとても大変でした。現在はお客様との会話も楽しめるようになり、やりがいを感じています。
仕事がディナーの時間帯のみなので日中はオークランド大学の学生を中心としたイベント企画団体に所属しており、その活動をしたり、友達と遊びに行ったりと充実した日々を送っています。また、空いている時間を有意義に過ごそうと思い、短期で現地学校のバリスタコースに通いました。ニュージーランドはコーヒー文化が発展しているからか、短期でも受けられるバリスタのコースがたくさんあります。ネイティブの方ばかりの環境で授業を受けるのは大変でしたが、とても面白く、初めて自分でフラットホワイト(ニュージーランド特有のコーヒーです)を作った時はとても感動しました!
留学を迷っている方に
私も高校生の時にプログラムに参加するかとても悩みました。知らない土地で知り合いもいなく、言葉も違うため不安も大きいと思います。ですが思い切って来てみれば新しい発見、新しい出会いがたくさんあります。少しでも迷っているなら、ぜひ思い切って一歩踏み出してみることをお勧めします!

写真

  • unnamed (1)
  • unnamed-1
  • unnamed (36)