ニュージーランド留学なら手数料無料のニュージーランド留学センター。
あなたの希望に併せて適切な学校をご提案。説明会も随時開催中!

  • ニュージーランド留学センターインスタ
  • ニュージーランド留学センターtwitter
  • ニュージーランド留学センターfacebook
  • ニュージーランド留学センターLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~20時(月~金)10時~19時(土日祝)
  • オークランドオフィス
    TEL+64-9973-5979
    受付時間(現地時間)/9時半~17時半(月~金)

体験談
Experiences

憧れていた海外生活

IMG_1187-600x450
  • 名前
    澤谷 美緒
  • 学校
    Nelson Marlborough Institute of Technology
  • 滞在期間
    3年

NZ留学を決めた理由
海外留学を考えたきっかけは高校3年生の時に進路に迷っていた時に、将来英語科の学校に進学したいと思っていたので、どうせなら海外で英語を学ぼう!と思ったのが海外留学のきっかけでした。

NZを選んだ理由は治安も他の国より良く、当時NZDがとても安かったのでここに決めました。

また洋画で見ていたティーンエイジャーのパーティー生活にも憧れていたので学生生活を思う存分楽しみたいと思い留学を決意しました。
語学学校での生活
留学最初の10ヶ月は語学学校に通い自分の語学レベルを上げる事に専念しました。

初めてのクラスはエレメンタリーだった為、中学生レベルの英語文法はとても簡単に感じました。

むしろ既に知ってる文法を習うのはお金と時間の無駄にさえ思えましたが、やはりスピーキングが次のレベルに対応できないと言われ、そこからスピーキングの猛特訓を始めました。

スピーキングの特訓というのも単に授業後に友達と遊びに行くという事だけでした。がしかし日本人が少ない環境では外国人と出掛けるだけでもとてもいいリスニングとスピーキングの練習になりました。そしてようやくIELTSコースに入る事ができ卒業寸前のIELTSテストで次の目標の観光専門学校入学に必要なアカデミック5.5を取る事ができました。
KIWIとの学校生活
語学学校卒業後、観光業の専門学校に進む事にしました。

語学学校とは違いネイティブの英語を理解し、ネイティブと同じレベルの課題を出さなければならい状況でした。あまりに友達が出来なかった為、本当に鬱になりましたが、だんだん耳が慣れてきてクラスメイトの話に少しではありますが入れるようになりました。そうすると次第にクラスメイトの対応も変わり休日一緒に出掛けるまでになり、憧れていたティーンエイジャーパティー生活に加わる事ができたのです。

もちろん日本にいる時にやりたかった観光の勉強も充実していて、2泊3日の修学旅行や現地の観光ビジネストリップなのが組み込まれているので目と身体で学べる事が出来ました。
田舎生活からの都会生活
語学学校と専門学校は南島の小さい町ネルソンで学んでいたのでオークランドに引っ越した後、街並みの違いに驚きました。

一番違う事はアジア系のお店の数です。ネルソンではアジアンマーケットは2つしかなかったのにも関わらず、オークランドは普通のスーパーのようにアジアンマーケットあるのです。

日本から来る人にはとても便利なJAPAN MARTや日本化粧品を取り揃えているIPPONDOなどもあり、以前は日本から必要なものを送ってもらっていたのに、今では必要な買い物がオークランド市内で済むようになりました。

他にもオークランドは色々なイベントが季節関係なく開催されるのでそれも魅力の1つです。
今後の目標
観光の学校を卒業したのでそれを活かせる仕事が出来るといいと思います。

また自分がまだ足りないこと(英語の文章力やリスニング)を延ばしもっと自分の可能性を伸ばしていきたいと思います。
これから留学される方へ一言
ニュージーランドはとても治安がよくのびのびと英語が学べる国だと思います。

特に自然やアクティビティーが好きな方は語学学校に通いながら週末に旅行に行くとこもできるので、自分の時間を大切に過ごせる素敵な留学になると思います。

写真

  • IMG_0991-600x450
  • IMG_1042-600x450
  • IMG_1187-600x450