ニュージーランド留学なら手数料無料のニュージーランド留学センター。
あなたの希望に併せて適切な学校をご提案。説明会も随時開催中!

  • ニュージーランド留学センターインスタ
  • ニュージーランド留学センターtwitter
  • ニュージーランド留学センターfacebook
  • ニュージーランド留学センターLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~19時
  • オークランドオフィス
    TEL+64-9973-5979
    受付時間(現地時間)/9時半~17時半(月~金)


ニュージーランドから日本に帰国時の手続き
Information


ニュージーランドを出国前に準備する必要のある手続きと、日本到着後の流れです。
スムーズに帰国する為にもしっかり確認しておきましょう!


Content

ニュージーランド出国前

1.出国前検査

admin-ajax01

現在、NZを含め全ての国・地域からの日本への入国者に対し、出国前72時間以内に実施されたコロナ検査にて「陰性」であることの検査証明の提出が求められます。検査証明がなければ、日本人・外国人国籍を問わず、検疫法に基づき上陸が認められません。また、検査証明不所持者は、航空機への搭乗を拒否されます。

(1)検査証明は、日本政府指定のフォーマットである必要があります。こちらよりダウンロードが可能です。

(2)NZで出国前に検査を受ける場合は、基本的には、かかりつけ医(GP)または新型コロナウイルス専用ダイヤル(0800 358 5453)にご相談いただくこととなります。その際、上記(1)のフォーマットを使用する必要があることをお伝えください。(NZの検査結果は通常携帯電話にテキストで通知されるのみで、証明書は発給されません。証明書が必要な場合は、明示的にお伝えいただく必要があります。)




2.質問票Webの事前登録

日本到着時に質問票Webの提出が求められます。ご自身のスマートフォンやタブレットから質問票Webにアクセスし、情報を入力した後に発行されるQRコードを検疫官へ提出する流れとなります。  
スマートフォンやタブレットなどのデバイスをお持ちでない場合は、到着空港に設置されたPC端末の利用が可能ですが、台数に限りがあるため、可能な限り事前(出発前)に入力しておくことが推奨されています。
なお、航空機搭乗前の入力は必ずしも求められていませんが、航空会社によっては「質問票Web」への入力後に発行されるQRコードを提示しないと搭乗手続きができない、としている航空会社もありますので、日本への入国・帰国を予定されている方はご注意ください。




3.アプリのインストール

入国時、空港検疫で、スマートフォンの確認があります。 スマートフォンをお持ちでない場合またはアプリをインストールできないスマートフォンをお持ちの場合は、日本入国時に、空港で、ご自身の負担により、スマートフォンをレンタルする事になります。

日本語:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00250.html
英語:https://www.mhlw.go.jp/content/000806890.pdf

必要なアプリをあらかじめインストール・設定していただいていない場合は、 空港でお待ちいただく時間が他の方よりも長くなる可能性がある様です。




日本ご到着後

4.日本の検疫措置を遵守する旨の誓約書

admin-ajax01

検疫所へ誓約書の提出が必要です。誓約書の内容は、14日間の公共交通機関の不使用、自宅等での待機、位置情報の保存・提示、接触確認アプリの導入等についてとなります。


5.降機後の新型コロナウィルス検査

検査結果が出るまで、空港内のスペースまたは検疫所が指定した施設等で約1~3時間程待機し、結果が判明後入国手続きとなります。
14日間の自己隔離が終了するまで、公共交通機関(国内線航空機・鉄道・バス等)を利用することはできません。