ニュージーランド留学なら手数料無料のニュージーランド留学センター。
あなたの希望に併せて適切な学校をご提案。説明会も随時開催中!

  • ニュージーランド留学センターインスタ
  • ニュージーランド留学センターtwitter
  • ニュージーランド留学センターfacebook
  • ニュージーランド留学センターLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~20時(月~金)10時~19時(土日祝)
  • オークランドオフィス
    TEL+64-9973-5979
    受付時間(現地時間)/9時半~17時半(月~金)

留学コラム
Column

ニュージーランドでヘアードネーション

留学やワーホリで滞在中、どこの美容院が良いかわからなかったり、海外の美容師さんにうまくオーダーを伝えられるか心配で、なかなか美容院に行けず、気づいたら伸びっぱなし…ということありますよね。オークランドには日本人の美容師さんがいる美容院がいくつかありますが、今回はその中でも、伸びきった髪をドネーションできる美容院についてご紹介します。


Content

1.ヘアードネーションとは?

化学療法で脱毛がおこると、見た目の変化だけでなく、脱毛が原因で治療患者の気持ちが沈み、自尊心に良くない影響が出ることが証明されています。
従来の解決策は、人造繊維で作られた合成かつらでした。合成かつらはすぐに入手できますが、実際の髪の質感や感触を模倣しない場合があります。
また、化学療法による脱毛や脱毛症に苦しんでいる子供たちの小さな頭には、合成かつらを使用できない場合があることから、特に子供や10代の若者のために、自然な髪の毛を使用したかつらの作成を始めました。
残念ながら、1回の寄付につき1つのかつらができるわけではなく、かつらを1つ作るのに10〜12本のポニーテールが必要となるため、より多くの寄付が必要になります。

2.Mika Styles

admin-ajax01

ハイストリート上のひときわ目立つ高い建物、Metropolis Hotel の2階にお店を構える『Mika Styles』さんでは、ドネーション用にカットした髪をチャリティーオーガナイゼーションに送り届けてくれます。

■住所:Level 2 , Metropolis Hotel 42 High Street, Auckland
■電話:09-302-0700

■営業時間:
火曜-金曜 11:00-19:00
土曜 10:00-18:00
定休日 日曜日、月曜日、祝日

3.必要な長さ

admin-ajax01

染髪やパーマをしていない髪なら15センチ以上、その他の髪の毛なら30センチ以上あればドネーションが可能です。
ただしお店や、引き取り先によって異なる場合がありますので、事前に確認しましょう。
個人差はありますが、約2年間伸ばし続けることで、顎下くらいまでの長さを残して30センチ+結び目分を切ることができます。

4.ドネーション用カットの流れ

admin-ajax01

新規の人はお店に到着したら、先ずアイパッドを渡され、名前や連絡先を入力します。そして鏡の前の椅子に誘導され、ドネーションに必要な長さを改めて確認します。
すぐに必要最低限の長さで切られるかと思いきや、自分が残したい長さや、ヘアスタイルの要望など、丁寧にカウンセリングをしてくださいました。
そのあと、6本ほどの束に分け結び、いざ断髪!
頭が軽くなったところでいったんシャンプーをしていただき、ドライ、仕上げカットという流れでした。

5.料金

シニアスタイリストの方による料金は、女性のカットが$70(2020年6月時点)です。Mika Stylesさんは、お店で使用する道具や化学薬品のリサイクルや、カットした髪さえも生まれ変わらせて、地球環境を守る活動をしている『Sustainable Salons』のメンバーです。そのSustainable Salonsによる回収コストとして、$2のドネーションと合わせた、合計$72で通常のカットとヘアドネーションをしていただけます。

6.ヘアードネーションをしてみて

かつらは人工毛で良いのではないかと思っていましたが、人工毛のかつらが適合しない患者さんがいることを知ったタイミングが、そろそろ髪を切ろうかと考えていた時期でした。それからもう1年伸ばし続けるだけでヘアドネーションできるだけ伸ばすことができたので、またできそうと感じました。
日本の湿気の多い夏にロングヘアはつらいですが、ニュージーランドの夏はカラッとしているので、ロングヘアがそこまで苦にならなかったことも、ヘアドネーションをできた理由の一つかもしれません。

7.まとめ
日本ではヘアドネーションの組織に加盟している美容院が多いイメージですが、ニュージーランドでもないかと思っていた方もいるのではないしょうか。弊社オフィスより徒歩10分ほどのMika Stylesさんは、安心の日本人スタッフさんがいる美容院ですので、ドネーションをしたい方はもちろん、通常のカットやカラーパーマも日本の技術を受けられます。
治療が原因の脱毛で悩んでいる小児患者さんが使用できるかつらが増えますように、現在ロングヘアの方や髪を伸ばし中の方は、ドネーションを検討してみてください。