ニュージーランド留学なら手数料無料のニュージーランド留学センター。
あなたの希望に併せて適切な学校をご提案。説明会も随時開催中!

  • ニュージーランド留学センターインスタ
  • ニュージーランド留学センターtwitter
  • ニュージーランド留学センターfacebook
  • ニュージーランド留学センターLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~20時(月~金)10時~19時(土日祝)
  • オークランドオフィス
    TEL+64-9973-5979
    受付時間(現地時間)/9時半~17時半(月~金)

留学コラム
Column

Let’s start 英会話!5月・7月・8月レッスンまとめ

弊社ニュージーランド留学センターAuckland Officeでは隔週1回、無料英会話教室を開催しております。
お席に限りがありますので、参加される際は事前に弊社までお問合せください。
◇場所 Suite 1208/300 Queen Street, Auckland, 1010

ここでは過去のレッスンでどのようなことが行われたかを紹介していきます!

第1回(2019年5月17日(金)開催)

参加者:6名

ドレスコード

1. 絵を使ったミニゲーム

まず始めに2人組み、15分から20分くらいかけて、絵をみて英語で答えるミニゲーム的なものをしました。主によく見かけるようなお店(例えばマクドナルド、KFCなど)や標識(駐車場など)発音が違かったり、まったく言い方が違う物もあったので楽しんで頂けたかと思います。

2. クイズ形式

その次に15分から20分くらいかけて、よく使う決まり文句やキャッチフレーズをクイズ形式で使うシュチュエーションを再現し、どういう意味かを当ててもらうような形で行ないました。普段学校ではあまり習わないような言い回しだったこともあり、生徒さん達も興味深そうに聞いていました。

3. スラング

そして、最後に15分から20分かけて行なったのが日常で使うスラングです。これは面白くするためにもカナダ(要するにアメリカ寄りの英語)とニュージランド(イギリス寄りの英語)でどう違うのかを比べながらやっていきました。生徒さん達も積極的でたくさん質問をしてくれたり、問題に答えてくれたりしたので、とてもスムーズかつ楽しんでできたのではないかと思います。

第2回2019年5月31日(金)開催)

参加者:5名

ドレスコード

1. 疑問文

今回の英会話では、レストラン、カフェやお店などで使える疑問文をメインに行いました。例えば、Can you やCould you ではどのようなニュアンスの違いがあるのかなどについて行いました。

2. 使えるフレーズやスラング

また友達との会話で使えるWhat have you been up toなどの様々なフレーズやニュージーランドならではの言葉(keenの使い方)も学びました。

3. ホワイトボードの導入

今回よりホワイトボードを導入したので、スペルなどをボードに書き出すことによってより生徒さん達も分かりやすく学べたのではないかと思います。また少人数で行う事によって積極的に答えてくれたり質問してくれたりすることが多いので、とても学びやすい環境が築けていると思います。

第3回 (2019年7月12日(金)開催)

参加者:3名

ドレスコード

1. Conditionals(仮定法)

今回の英会話では、まず仮定法の0~3rdまでの使い方や違いを学びました。様々な例文を交えて説明したので参加者の皆様も早い段階で理解を示して頂けました。人数が少なかったこともあり、質問も積極的にあり有意義な時間になったと思います。

2. Collocations

コロケーションでは、よく使われるもののリストを作り、その中で参加者の方の中で意味が分からないものを質問して頂き、それを中心に意味や使い方を学びました。

第4回(2019年7月26日(金)開催)

参加者:8名

ドレスコード

1. 会話(Conversation)

今回のレッスンは、会話に焦点を当てました。まず、好きなトピックをペアになって話して貰いました。そこに我々、講師が間に入り、質問に答えたり一緒に会話に入ったりしました。皆さんとても楽しそうに話していたので良い時間になったと思います。

2. 英語を話す時の注意点

その次に15分から20分くらいかけて、その前に会話した時にどういうことを考えながら話をしていたかを参加者の皆さんに考えて貰いました。ほとんどの方が日本語を頭の中で一度考えてから英語に翻訳して話しているようだったので、それをしないようにする大切さを講義としてお話しました。

3. 発音(Pronunciation)

そして、最後に発音をする時の口の動き、特に日本語はあまり口を動かす言語ではないので、英語を発音する時の口の動きの重要さも説明しました。また、ブリティッシュとアメリカン英語の発音の違いも例を上げながら説明しました。

第5回(2019年8月7日(水)開催)

参加者:7名

ドレスコード

1. より自然な表現

今回の英会話は”より自然な表現方法”をテーマに様々な簡単な言い回しのリストを作りました(感謝する/された場合、謝る/られた場合、同意/反対、お願いする/された場合)。

2. 会話(Conversation)

しかし、今回の参加者の方にとって複雑なトピックだったようで、皆さん付いてきていなかったので、後半は前回同様にペアになって自由に会話をしてもらい、その間に我々講師が入るという形を取りました。その後は皆さん楽しそうに話していて、質問も多くあり、有意義な時間になったのではないかと思いました。次回の英会話ではこの形をベースにうまくアレンジしたレッスンが出来たらと思います。

第6回(2019年8月21日(水)開催)

参加者:2名

ドレスコード

1. 日本人がよく間違う英語

今回の英会話教室ではまず日本人がよく間違う英語表現を紹介しました。例えば、「I don’t mind/care」、「play/hang out」、「tell/teach」、「interesting/funny」、「envy/jealous」、「my friend/a friend of mine」などの使い分けを様々なシチュエーションを交えて説明しました。

2. 英語を学ぶ上で大切なこと

その次には、英語を学ぶ上で大切なことを講義しました。日本語から直訳するのではなく、自分の気持ちを伝えることを重要視して、文法にこだわり過ぎないようにすることも大事だと説明しました。ただ、その上でも正しい文法や語彙を学ぶことは大切だとも教えました。

次回、9月4日(水)16時-17時

“開催日が隔週金曜日から水曜日になりましたので、ご注意ください!”


お席に限りがありますので、参加される際は事前に弊社までお問合せください。
◇場所 Suite 1208/300 Queen Street, Auckland, 1010