ニュージーランド留学なら手数料無料のニュージーランド留学センター。
あなたの希望に併せて適切な学校をご提案。説明会も随時開催中!

  • ニュージーランド留学センターインスタ
  • ニュージーランド留学センターtwitter
  • ニュージーランド留学センターfacebook
  • ニュージーランド留学センターLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~19時
  • オークランドオフィス
    TEL+64-9973-5979
    受付時間(現地時間)/9時半~17時半(月~金)

留学コラム
Column

ニュージーランド国境再開に向けての計画

ニュージーランド国境再開に向けての計画
ワクチン接種のスピードアップと試験的施策

2020年3月以降、国境が閉鎖したままのニュージーランドですが、2021年8月12日に国境再開までの今後のロードマップの発表がありました。ニュージーランドに留学をお考えの方も、ニュージーランドに滞在中で日本に一時帰国したい方も皆が気になっている国境再開時期についてまとめました。

ワクチン接種スピードアップ
接種のグループ分け
・第1グループ:【接種実施中】 国境管理および管理隔離施設関係者等とその同居者(家族等)
・第2グループ:【接種実施中】 医療従事者、長期滞在型介護療養施設職員および入居者等
・第3グループ:【接種実施中】 65歳以上の方、既往症がある方、障がい者、妊娠中の方
・第4グループ:【接種実施中】その他の在住者(12歳以上)

第4グループの方については、7月下旬から接種が始まっております。
下記の計画となっております。
60歳~64歳の方:7月28日より
55歳~59歳の方:8月11日より
**************************
50歳以上の方:8月13日より
40歳以上の方:8月18日より
30歳以上の方:8月25日より
それ以外の年齢の方:9月1日より
※12歳~15歳の方もワクチン接種の対象となりました。
  • Step1 現状

    Step2 試験的な試み・パイロットスキームの導入

    2021年10月~12月ワクチン接種が2回完了している方数百人を対象に、入国後、強制隔離の代わりに自宅での自主隔離を試験的に実施する予定です。
    この状況からリスク経路を解析し、2022年上旬の国境再開に向けての判断材料とするとの事。

    Step3 国ごとのリスクレベル

    海外からの入国者は低・中・高リスクの国に分けられます。
    低リスク:強制隔離なし(コロナ検査は必要)
    中リスク:隔離内容の緩和(自主隔離、短縮された期間強制隔離施設に収容、または両方との予想)
    高リスク(またはワクチン未接種の方):14日間の強制隔離
    目標では2022年の初めにこちらの施策に移行するとの事です。

    Step4 最終目標

    陰性のワクチン接種者に対して、強制隔離なしで入国許可。ほとんどのワクチン未接種者に引き続き14日間の強制隔離が義務付けられます。

日本でのコロナ感染の抑え込みとワクチン接種が今後の渡航の鍵となります。
状況によっては変更がある可能性もありますが、ロードマップが発表された事により将来的な計画が立てやすくなったと思います。
ご渡航前にオンラインで始められるコースもございますので、是非、お気軽にご相談ください。