ニュージーランド留学なら手数料無料のニュージーランド留学センター。
あなたの希望に併せて適切な学校をご提案。説明会も随時開催中!

  • ニュージーランド留学センターインスタ
  • ニュージーランド留学センターtwitter
  • ニュージーランド留学センターfacebook
  • ニュージーランド留学センターLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~20時(月~金)10時~19時(土日祝)
  • オークランドオフィス
    TEL+64-9973-5979
    受付時間(現地時間)/9時半~17時半(月~金)

留学コラム
Column

Aspire2 international(語学学校)へ行ってきました!

Aspire2 internationalは、オークランド市内中心部の大変利便性の高い場所に位置する学校です。

Aspire2 internationalは、Aspire Groupが経営する事業のうちの留学事業で、一般英語コースの語学学校のほか、ホスピタリティーやビジネスを学習できる専門学校も運営しており、同じキャンパス内に併設されています。

Content

1. Aspire2 internationalはどんな学校ですか?

授業風景

ニュージーランド内にオークランド、タウランガ、クライストチャーチの3キャンパスを持つ語学学校です。今回訪問したオークランドキャンパスは、シティーの中心にあるため、アクセスもとても便利です。また治安も大変良いため、心配なくご通学いただけます。キャンパス内はタワーA、B、Cと分かれており、A、Bは専門学校、Cは語学学校(一般英語)となっています。
日本人比率は10%前後、コロンビアやブラジルの方も多くいらっしゃり、活気のあるキャンパスとも言えるでしょう。
またNZQAカテゴリー1の学校ですので、学生ビザの方でも就労が可能です(一定条件は必要)。

2.一般英語コースの午後は選べる選択授業

学校外観

一般英語コースの午後クラスは選択授業で、コミュニケーションや文法、ビジネス英語、IELTS対策など、生徒様のレベルや伸ばしたいスキルに合わせて授業を受けられます。
また、火曜、水曜は選択授業後3時15分から日本人が苦手とする発音クラス、会話クラスを開講(一時間)。こちらはなんと無料レッスン!ぜひご利用下さい。

3.転校制度を利用して北島も南島も!

BBQ

ニュージーランドにはオークランドのある北島、クライストチャーチのある南島の2つの島からなります。島間の移動は飛行機での移動が主で、長期休みでも取らない限り両島を行き来することは困難です。が、Aspire2 internationalはオークランド、タウランガ、クライストチャーチの3キャンパスあるため、キャンパス間でのご移動が可能ですので、通学の途中からもう一つの島に移動しそのままご滞在いただけます。
移動パターンは、オークランド⇒タウランガもしくはクライストチャーチ、タウランガ⇔クライストチャーチのパターンに限りますが、ニュージーランドをより楽しみたい方にはおすすめです。

4.設備とサポートに自信あり

コーヒー

Aspire2 internationalは、専門学校も併設する付属語学学校のため、広いキャンパスはもちろん、設備、サポートも充実しています。お仕事サポート(履歴書添削、面接練習など)やオンラインスタディ、図書館、パソコンルーム、併設されているカフェの利用なども可能です。
またアクティビティーも豊富で、金曜日にはパブナイト、BBQなども行われるほか、インターナショナルイベントとしてJapan Day、Thai New Year、Lunar New Year(中国の春節)なども行われ、しっかり学習しながらも楽しめる環境です。

5.英語+αで学べる!

スタッフ

Aspire2 internationalでは、NZQA認定のバリスタコースや、リカーライセンス(LCQ)取得コースも開講しており、一般英語コースで習得した英語を形に残せるのも大きな魅力です。尚、バリスタコースは、先に述べた併設のカフェで開講されており、実際にカフェで使用されているマシン、環境でノウハウを学ぶことができます。その他、専門コースやNZCELコースへ進むことも可能ですので、長期的な留学プランを考えることができます。

まとめ

Aspire2 internationalでは、NZQA認定のバリスタコースや、リカーライセンス(LCQ)取得コースも開講しており、一般英語コースで習得した英語を形に残せるのも大きな魅力です。尚、バリスタコースは、先に述べた併設のカフェで開講されており、実際にカフェで使用されているマシン、環境でノウハウを学ぶことができます。その他、専門コースやNZCELコースへ進むことも可能ですので、長期的な留学プランを考えることができます。