ニュージーランド留学なら手数料無料のニュージーランド留学センター。
あなたの希望に併せて適切な学校をご提案。説明会も随時開催中!

  • ニュージーランド留学センターインスタ
  • ニュージーランド留学センターtwitter
  • ニュージーランド留学センターfacebook
  • ニュージーランド留学センターLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~20時(月~金)10時~19時(土日祝)
  • オークランドオフィス
    TEL+64-9973-5979
    受付時間(現地時間)/9時半~17時半(月~金)

体験談
Experiences

成長するかしないかは、すべて自分次第!

  • 名前
    生亀 大輔
  • 学校
    Canterbury College : Pre IELTS, General Course
    Federal Institute of Studies : Business Course
  • 滞在期間
    24th May, 2013 8th April, 2014
    (語学学校はPre IELTS1ヶ月間、Business English1ヶ月間、残期間はフルタイムにて就業(5ヶ月間)+留学エージェントにてインターンシップ(1ヶ月間))

NZ留学しようと思った理由は何でしたか?
正直な所、最初はニュージーランドではなく「絶対にイギリスに2年間ワーキングホリデーに行く!!」と心に決めていました。イギリスは人気が高いうえに、昨年より応募方法が変わり抽選になってしまいました。応募はしたものの、申請権利から外れてしまい、断念せざるを得ませんでした。そして、「どこの国が良いか」を調べたところ、ニュージーランドに留学することに決めました。決め手になったこととしては、

・自然にあふれ、日本とは違う生活環境に身を置き、のびのびと生活するのに適している国

・ブリティッシュ・スコティッシュ様式の建築物が各都市に点在しているため、旅行で回りたかった

・治安のよさ

です。
一ヶ月の生活費はいくらくらいですか?
毎日贅沢をしない限り、約月5-6万円で十分でした。(毎日バー、レストランに行ったら大変な額になるので自炊。)

私の場合オークランドに滞在しましたが、比較的物価が高く、滞在期間中は節約を心がけました。語学学校に通っている際は、仕事はせず勉強に集中し、英語力のスキルアップに励みました。卒業後は、ウェイターをし、収入を得ました。仕事をしている間は、比較的金銭面に余裕が出来るので、ワーキングホリデー最後に計画していた「南島ラウンド旅行」の為に、貯金をしていました。
NZ留学中の滞在方法と現在までの感想を教えてください
オークランドについて最初の2週間は、バックパーカーホテルに滞在し、毎日語学学校、フラット探しをしました。その後、フラットを見つけ、パプアニューギニア、エストニア、オランダ、アメリカ、メキシコ、コロンビアの方とルームシェアをしました。ワーキングホリデーにて滞在中はずっとこのフラットで生活しました。

ダウンタウンの立地条件の良い場所を選んだため、少々家賃は高いですが、運良くアジア人の方とのシェアではなく、英語の堪能な人達との生活でしたので、毎日英語での生活に身を置くことが出来ました。英語が分からないときは、フラットメイトがすぐに教えてくれるので勉強になりました。
学校の感想を教えてください
最初に通ったCanterbury Collegeは少人数制で、先生が一人一人に注意を配っています。ニュージーランドに留学する前は、カナダのVictoria島に留学しましたが、そこで通った語学学校の先生は少々注意力に欠けており、生徒の間違いもよく見逃してしまう事が多々ありました。

ですが、Canterbury Collegeでは、担任だったタブス先生が、授業時間以外も相談に乗ってくれ、自習で書いたエッセイや小説もきちんと添削してくださいました。また、授業中はストイックでシリアスで、時に厳しく叱り、そして楽しい授業作りに賢明に励んでいました。

また、この学校はIELTSに力を入れており、IELTSに関しての本も出版している先生が教えているので、確実にポイントを上げられるノウハウを学ぶことができました。

二つ目のFederal Institute of Studiesでは、Business Englishを受講しました。カナダでも一般英語を受講したので、レベルアップのため専門的な英語を学びたかったからです。授業は、元弁護士の先生が厳しく(汗)教えてくれました。発音が一単語出来なかったら、言えるまで繰り返し発音させられますw「語学学校の先生も生徒にこんなに怒るんだw」という位の真剣さですwですがそのおかげで短期間でのスキルアップができました。授業の内容としては、面接の方法、企業への電話でのアポイントメントの方法そして、ビジネスエリアでの組織の成り立ちなどといった専門的な授業でした。
NZ留学した街の感想を教えてください。
オークランドは大都市ですが、2-3日程度で全ての道を歩ける位の大きさです。

ニュージーランドの中で一番の大都市なので、レストランやバーはたくさんあります。また、語学学校もたくさんあるので、自分にあった学校を見つけられると思います。比較的アジア人、サウジアラビア人が多く、もしアジア人の少ない学校に行きたいとなると、少々難しいかもしれません。

治安は良く、いやな思いをした覚えはありません。町の人も親切で、レストランやショップでも気さくに声をかけてくれます。

ワーキングホリデーの人は、仕事を探すと思いますが、オークランドでしたら大都市なのでその分仕事の幅も広がります。ですが、ニュージーランドならではのピッキングやファームでの仕事をするのならばオークランドは適していないと思います。英語のスキルアップなら、やはりオークランドのような大都市に滞在するべきだと思います。大都市なので、バリエーションが豊かで、自分の求めているコース、学校の雰囲気を見つけられると思います。

自分の目的に合わせて街を選ぶと良いかもしれません。
今回NZ留学して良かったことは何ですか?
今までに友達になったこともない様な人、出会うことのない様な人たちに出会い、友達になり、時間を共有した事です。

日本にいると、多くの人が時間に縛られ余裕がないと感じるかもしれません。自分の場合がそうでした。仕事に追われ、休日は疲れ切って出かける気力もなく、大人になって新しい友達を作るなんてことは考えていませんでした。

ですが、ここニュージーランドではたくさんの国籍の方が生活しています。価値観の違い、生活習慣の違いなど、びっくりすることがたくさんありますが、自分の価値観も広がり、経験を積んでいくことで、中身が成長していきました。

もちろん、英語もスキルアップしたと確信しています。

また、南島のラウンド旅行で、ニュージーランドならではの大自然を満喫できました。ニュージーランドでは、大自然や絶叫アクティビティが数多くあるので、ぜひ試してみて下さい。
今後の目標は?
さらなる英語のスキルアップ!!!英語でジョークを言って、ネイティブの人に笑ってもらえるくらい!!!www

そして、このワーキングホリデーを、「あ?そういえば若い頃に海外すんでたな?・・・・。」という思い出だけに留まらせないことです。このワーキングホリデーで経験したことを生かした仕事に就き、留学のすばらしさを皆さんに紹介していく事が目標です!

そして、変化や新しい事への挑戦に恐れないことが一生の目標です!
これからNZ留学される方に一言
日本での安定した生活から新しい環境へ飛び込み、ゼロから何かを始めるという事は、簡単なものではないと思います。留学は、決断に時間も勇気もいると思います。決断して留学したら終わり。ではなく、留学という第一歩をいかに将来につなげるかが大事だと思います。

留学期間は、とことん自分を追い詰めてみるのも良いし、自分のしたいことを精一杯やってみるのも良いと思います。日本にいるとそれが出来ない環境だからこそ、ニュージーランドで挑戦してみて下さい!!

ただ!!!!「海外に住んだら、自分は変われる。」と、海外に住んでいればそのうち自分が変わっていく、と思うのは駄目だと感じました。

実際、留学を考えていた当初の私は、そんな気持ちでした。ですが、自分から行動しなければ海外にいても日本にいても何にも変わりません。

人一倍の人見知りで、外国人のような明るい性格、そして海外生活にあこがれを持っていました。海外に留学という事は、ほんの一歩の前進です。そこから自分をどう変えていくかは、自分次第です。恥はかけばかくほど、自分の成長につながります!!!せっかくの留学なので、恥ずかしがらす何でも挑戦してみて下さい。

そして、留学を終えて「毎日何してたっけ?」なんて思っちゃうような留学生活だけはやめてください!!!!

日々を充実させるのは、あなた次第です。昔先輩に言われた、「明日やろうは馬鹿野郎!」、友達に言われた「旅の恥はかき捨て!」という言葉。先伸ばして明日やろうなんて人は、一生経っても何も出来ませんw恥はかいてなんぼのもん!!恥をかいた分成長するんです!!!時間は待ってくれないので、思い立ったら即行動です!

そして一番に大切だと思ったことは、渡航前に英語の勉強をしっかりすることだと思います。少しでも英語でのコミュニケーションが出来るようになれば、学校でのクラスも高いレベルのクラスでの授業が受けられるようになり、選べる仕事の幅も増えるので、少しでもスタート地点でのスキルを高めておくべきだと思います。留学のために日本で出来ることは何でもやりましょう!

写真

  • daisuke06
  • daisuke01
  • daisuke02
  • daisuke03
  • daisuke04
  • daisuke05
  • daisuke08
  • daisuke09
  • daisuke10
  • daisuke11
  • daisuke12
  • daisuke13-375x500
  • daisuke15
  • daisuke14
  • daisuke16
  • daisuke17
  • daisuke18
  • daisuke07