ニュージーランド留学なら手数料無料のニュージーランド留学センター。
あなたの希望に併せて適切な学校をご提案。説明会も随時開催中!

  • ニュージーランド留学センターインスタ
  • ニュージーランド留学センターtwitter
  • ニュージーランド留学センターfacebook
  • ニュージーランド留学センターLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~20時(月~金)10時~19時(土日祝)
  • オークランドオフィス
    TEL+64-9973-5979
    受付時間(現地時間)/9時半~17時半(月~金)

体験談
Experiences

スキルアップのために

IMG_1900-e1441670522842
  • 名前
    安齊 将平
  • 学校
    NZLC
  • 滞在期間
    29/03/2015-?/03/2016

留学まで
私は大学で英語を専攻しています。大学に入る前はそもそも英語なんて興味もなく、一番苦手な教科で大嫌いでした。正直な話大学に入った後も1年ほどはそのような感じでした。しかし大学2年生になった時に、英文科のくせに英語が出来ないなんて大学に通っている意味がない、そう思い留学を考えるようになりました。そんな割と単純なプライドが私を留学まで引っ張っていきました。留学が決まってからは、人生で一番だと胸を張れる位努力を重ねました。おかげで半年程で、TOEICでいうと初めの頃は450前後だったのをなんとか830まで上げることができました。その後は会話に照準を切り替え留学までに万全の準備を整え、ここNZに旅立ちました。
いざ語学学校へ
日本での勉強の甲斐もあって、General Englishという日常会話のためのクラスでは無事上から2番目のupper intermediateというクラスに入ることができました。初めのうちは喜んでいましたが、すぐに挫折というものを経験しました。同じレベルのはずなのに全然友達の言ってることがわかりませんでした。日本で努力してきた分その挫折は相当大きいものでした。そのおかげで完全に殻に閉じこもり友達になるとか心を開くなんてできませんでした。そのクラスには3週間しかいなかったのでまだみんなの言っていることがさほど理解できぬままクラスを去りました。次はIELTSという英語の資格のコースに参加です。そこではなぜか一番レベルの高いクラスに飛ばされました。周りの人は半年や1年以上留学をしてきた猛者たちばかりで、もう最初から心とプライドがポキっと折られました。変に意地を張っている分いろいろ障害になったのです。
意外に単純
そんな中、私の回りには確実に自分より英語ができないはずの人の方が友達を沢山作っていたり色々な国の人から愛されている現実がありました。なんでだろう?そう思いその人たちに話を聞いたり観察したり、自分との違いを探してみました。そうすると、なんてことはない単純な理由がそこにはありました。その人達はただ自分の出来なさを認め、しかし殻に閉じこもるでもなく日本に居た時と同じようにただ素の自分出していただけでした。つたない英語で頑張って話しかけたり、ボディランゲージで伝えたり。単純に人と話したいからそうしているという感じがひしひしと伝わってきました。それが分ってからは自分の無駄に高いプライドは捨てて単純に楽しもうと、人に接するようにしました。(それが一番難しいんですが)そうすると意外にも早く友達が増えていきました。正確にいうと元々いたのに今まで気づかなかっただけですが。そして難しく考えずに話していると意外に皆の言うことが理解できていることが確認できました。気づかないうちに英語力も伸びていたようです。今ではクラスでもよく弄られたり話しかけられるようになりました。前のクラスの子ともBBQをしたり遊ぶようになりました。
結局自分次第
留学は結局自分次第なんだなというのがこの3ヶ月でよく理解できました。日本人はよく自分のことを過小評価しすぎますが、留学で大事なのは自分をよく知る事だと思います。仮に自身の力不足を感じても、そのまま落ち込んでいくのではなくむしろ開き直っちゃいましょう。その方が意外に海外では上手くいくと思います。私の周りにもそのような方々が沢山いらっしゃいます。そしてその人たちの方が色々と飲み込みも早いです。もちろん日本で勉強して来るのも大事です。むしろそういう方が多いと思いますが。ですがそういう人達の方がある意味失敗しやすいと思うので、仮に英語が出来なくてもそれは慣れないアクセントのせいだったりもするので、ゆっくり焦らず力を伸ばす事が大事だと思います。
ちなみに
私は日本で勉強してきた甲斐もあってホームステイ終了後すぐに、バックパッカーズというところの受付の仕事をエクスチェンジという形でゲットいたしました。そのバッパーで泊まりながら仕事をするということです。バッパーは色々な国の人が泊りに来るのでいい英語の勉強になります。なんだかんだ最初は言っていることがよくわかりませんでしたが。仕事をしたり滞在期間が過ぎるにつれ、仕事以外にもスタッフと仲良く話したり色々な人と交流を深められるようになりました。単純にその場になれたからというのもありますが、やっぱり前に話したことを実践してみたおかげです。日本人とも沢山知り合えました。結局日本に帰ってからも交流をもつのは日本人なので、あまり日本人を避ける必要もないかと思います。留学は挫折ありきのものですが、自分の殻を破った途端良い経験に変化していくので少しでも考えたらすぐに行動に移すべきだと思います。なんだかインチキくさい自己啓発本みたいな内容になりましたが、これが私が留学で感じたことです。

写真

  • IMG_3327-600x450
  • IMG_2641-600x450
  • IMG_3204-e1436151723764-600x450
  • IMG_3295-600x450