ニュージーランド留学なら手数料無料のニュージーランド留学センター。
あなたの希望に併せて適切な学校をご提案。説明会も随時開催中!

  • ニュージーランド留学センターインスタ
  • ニュージーランド留学センターtwitter
  • ニュージーランド留学センターfacebook
  • ニュージーランド留学センターLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~20時(月~金) 10時~19時(土日)
  • オークランドオフィス
    TEL+64-9973-5979
    受付時間(現地時間)/10時~18時(月~金)

留学コラム
Column

10秒で分かる!ニュージーランドでのドレスコード!

ニュージーランドでのレストランのドレスコードと言っても、さほど厳しい決まりはなく、オークランドのほとんどの高級レストラン、バーにカジュアルな服装で入店することが出来ます。

ですが、一部高級ホテルの中で営業をしているレストランなどでは、場にふさわしい服装としてドレスコードを設定している所もあるので、予約の際などに確認してみましょう。

ドレスコードの種類

ドレスコードには7種類の『服装の格』があります。

ドレスコード

1. 正装

2. 準礼装(セミフォーマル)

3. 略礼式

4. カジュアル・エレガント

5. スマート・カジュアル

6. ビジネス・アタイヤ

7. カジュアル

高級レストラン・ホテル内の高級バーでの服装

大半のレストランはスマートカジュアルで入店可能!

女性は、ワンピースにジャケット、クラッチバッグ、靴はヒールが鉄板!

男性は、襟付きシャツにカジュアルなジャケットが今時スタイル!

ジーンズ、サンダルでは入店できません。素材がデニム地のものや、カジュアルすぎるようなデザインを選ばない限りは、ほぼ来店可能と考えて良いでしょう

男性の場合、基本的に襟付きのシャツにネクタイ、スラックス、そしてローファーになります。ネクタイがない場合は、襟付きのシャツにジャケットでも大丈夫な場合がありますが、予備のネクタイを持ち歩いている方が良いかと思います。女性の場合、スーツやワンピース等の比較的きちんとしている服装であれば大丈夫とされています。

靴に関しては、スニーカーや肌の露出が多すぎるサンダルのようなものは避けた方が良いと思いますが、通常のパンプスや、冬であれば短めのブーツなどでも大丈夫です。週末の夜のオークランドでは、ドレスを着た女性や、スマートカジュアルな服装をしている男性をよく見かけます。

逆に、オークランドで正装をしている方を見かける方がまれかもしれません。もちろん出向く先によって服装は合わせなければなりません。

しかし、オークランドでのドレスコードは、スマートカジュアル程度がぴったりだと思います。

カジノへの入店もスマートカジュアルで大丈夫ですので、ジャケットと襟付きシャツ、そしてネクタイを持っていれば、突然のパーティーや食事会にも対応可能です。カジュアルすぎないワンピースは皆さん持っていると思うので、「新しく買わなきゃ!」と心配することもありません。靴もスニーカー以外の、ヒールのついたパンプスで十分です。

シティのバーでの服装

昼間や夕方は服装もジーンズやサンダルで、22時過ぎたら、ドレスコードがあるかも?

オークランドシティには、数え切れないほどのバーが点在しています。

特に、オークランド港近辺にあるバーでは、夜からドレスコードを設定する所もあるので、電話で確認しておきましょう。

ドレスコードを設定した後は、男性はハーフパンツやジーンズ、女性はスニーカーやスポーツウェアなどのカジュアルすぎる服装では入店を断られます。

レストランのメニューや営業時間を紹介しているサイト「Menus.co.nz」にて、各レストランやバーのドレスコードを確認する事ができます。