学ぶ

不登校留学・退学中退進学

学生
いじめ、日本の教育制度と合わない等、様々な理由から中学・高校を中退、不登校からの脱出やチャンスがニュージーランドにはあります。ニュージーランドでの中学・高校卒業資格はお任せください。ニュージーランドでの中学・高校留学は、もちろん帰国子女枠を利用しての日本の有名大学への進学などのメリットもありますが、それよりも大切な事は、「環境の変化による生徒自身の再出発の場を提供できる」ことにあります。
日本の学校になじめない、疲れてしまったケースを日本で持ち直すのはかなりのパワーが必要です。少し方向を変えて、世界の視点(しかも日本よりもおおらかなニュージーランドの視点)で見る事ができれば、日本の形になじめないことは全くディスアドバンテージではないという事を感じて貰えると思います。それが自己肯定になり、自信になり、こころの回復と成長へと繋がると私たちは信じています。


ニュージーランド中学・高校留学が再出発に向いている理由!

世界的にも評価されているニュージーの教育システム

しかもニュージーランドは、一クラス平均25名の少人数クラスで、生徒一人一人に目を届かせる仕組みができており、教育レベルもPISAにおける生徒の読解力・数学・化学の成績は世界の中でもトップグループにランクインをしています。ゆったりしながらもしっかりと生徒の能力を伸ばすニュージーランドの教育システムは世界的にも高く評価されている仕組みです。

おおらかなニュージーの気質

ニュージーランドの人々は、良くも悪くもおおらかで小さいことにはこだわらない傾向があります。何かに締め付けられ、常にルールで固まってしまった日本とは違いゆったりと時間を過ごす事のできるニュージーランドでは日本で感じるストレスを感じる事はありません。心のリフレッシュには最適な場所です。

世界でトップクラスの治安の良い国

ニュージーランドは世界でも常に住みたい国・治安の良い国にランクインされる魅力溢れる国です。また、クマや毒蛇などの危険な動物が居ないのもNZの特徴です。

学年の途中での転校や編入でも成績や英語力を求めない受け入れ体制

日本での成績提出が難しいケースにもニュージーランドの中学・高校は柔軟に対応をしてくれるので多くの可能性がこちらにはあります。

公立中学・高校に通うことができるので費用を抑えることができます。

元々他の留学地と比べても生活コストが安いニュージーランドですが、さらに公立の学校に進学することができるため、学費自体も低く抑えることができます。

世界中から色々な国の人が来ているため、違いを認める文化がある

世界中から移民が集まるニュージーランドは、日本のように通り一辺倒な価値観の押しつけでは国が成り立ちません。相手の文化や考え方を認める気質がそこにはあります。人と違う事で攻撃を受け悩む日本とは180度違う、色々な価値観があることを認め、認められる環境はスムーズな再出発の助けとなるはずです。

短期からの編入が可能

1年未満、最低1学期からの編入も可能なので、最初は小さく試してみることが可能です。環境に慣れてから本格的にニュージーランドへ進学する形をとることもできます。
ニュージーランド留学センターの中学・高校進学サポートはここが大きく違います!

サマースクールなどの体験から準備ができます。

いきなり3年間の留学というのは、留学する本人にもストレスが大きくかかる場合があります。まずは、1週間単位のサマーキャンプなどから、1学期単位の留学まで本格留学を始める前のキッカケをご用意いたします。

オークランド現地オフィスがあるから現地視察手配もサポート

実際に学校を見て決めたいという要望に応えてオークランド現地オフィスが学校視察の手配もサポートしております。

世界中への中学・高校・大学進学を視野にいれ、本当に適した学校を世界から選ぶ事ができます。

オークランド・ロンドン・ニューヨーク・ロサンゼルス・バンクーバー・トロント・シドニーに各現地オフィスを持つニュージーランド留学センターだからこそ、ニュージーランドへの進学だけではない、世界中の進学を視野に入れながら一番合った学校を紹介できます。

ニュージーランドから他の国への留学・進学も対応可能

世界中にオフィスを持つニュージーランド留学センターでは、NZでの中学・高校生活が終わった後での他の国への進学もサポートができます。NZに進学するだけがゴールでは無く、卒業後も一緒に進路のサポートを世界的な観点で行える強みがあります。


選べるガーディアンサポート

ニュージーランドの高校留学ではガーディアン(保護者)は高校留学の必須条件ではありません。
そのため、ニュージーランド留学センターでは、ガーディアンサポート必須にはせずお客様ご自身でオプションとして選んで頂けるように設定しております。
ガーディアンサポートを必要とされないお子様は、自立的に物事を判断でき、自分である程度自分を律することのできるお子様でないと、生活自体がだらけてしまう傾向にあります。
一人暮らしの経験が無いお子様や英語力の無いお子様の場合はガーディアンサポートを付けることをオススメ致します。

ニュージーランド留学センターの2つの中学・高校留学サポート

サポート名ガーディアンサポート中学・高校現地サポート
内容語学学校、中学・高校に単身留学する方のガーディアンサポート語学学校、中学・高校へ留学をサポート。地方都市留学者向け
役割学生のガーディアンとしての役割現地連絡係としてのNZ国内電話での一般サポート
サービス対象都市オークランドのみ全国
到着時、電話確認
学校初日同行〇 ※3
学校への緊急連絡先としての登録〇 ※1
学校・関係機関からの呼び出しへ対応〇 ※2
学校発行の保護者宛書類の翻訳・郵送
三者面談への参加同行×
定期的な滞在先や学校担当者への連絡
日本への報告書作成と連絡
生活費やお小遣い管理(希望者のみ)〇 ※3
空港出迎えサービス〇 ※3
両替、銀行口座開設、携帯電話アレンジ〇 ※4
24時間緊急時サポート〇 ※2〇 ※2
現地生活オリエンテーション〇 ※4
病院、入院などの手配
学生ビザ、NZからの航空券アレンジ
オフィス内サービス利用
進学サポート(他国含む)
サポート費用(年間)1年目:NZ$4500
2年目以降:NZ$4000
1年NZ$3000

※1 地元のガーディアンの次の連絡先となります。
※2 緊急時に保護者さまからの要請があれば、当社スタッフが現地へ出向します。その際の拘束時間や宿泊費、交通費などの実費は別料金になります。
※3 オークランドから1時間以内の範囲。初回以降は有料。
※4オークランドで行われる現地生活オリエンテーションへの参加となります。


ニュージーランドの教育スケジュール

ニュージーランド中学・高校は4学期制となっています。一番最初の学期はTerm1といわれ、毎年1月から新学期となります。

中学・高校の学期(ターム)スケジュール

Term期間
Term 1毎年1月~4月
Term 2毎年5月~7月頭
Term 3毎年7月末~9月
Term 4毎年10月~12月(テスト終了次第夏休み)

日本からの留学生は一般的にはTerm2又はTerm3からの入学、または英語力を付けて翌年のTerm1からのスタートのスケジュールが一般的です。
※ニュージーランドの教育システムはYear11で義務教育が終了してYear12からは進学向けのカリキュラムとなるため、英語力が未熟なまま初年度からYear12に入るのは勉強について行けなくなり、成績をかなり落としてしまう可能性があるため、初年度からYear12への入学をご希望の場合は事前にご相談ください。

ニュージーランド教育制度

ニュージーランドの教育機関と学年に関しては、合計13年間の教育を行う事になります。

  • 1-6年生 Primary school
  •  7-8年生 Intermediate school
  • 9-13年生 High school

教育制度上の最大の違いは、日本にはない13年目の学年であるYear13が日本の大学1年目一般教養と同様の意味を持つことです。日本の高校生が高校卒業後にニュージーランドの大学に進学したい場合はYear13を取っていないため、専門一般教養を別途学習する必要があり、そのために、ファウンデーションコースに入学をする必要があります。そのため、ニュージーランドの大学は3年での卒業となります。この制度は、イギリスやオーストラリアと同じ教育制度となります。



56789101112131415161718192021

-小学校中学校高校大学
-1234561231231234
N
Z
YearTertiary
12345678910111213・大学
・ポリテクニック
・専門学校
Primary SchoolIntermediateSecondary School


ニュージーランド中学・高校留学学費目安

1年間の高校授業料+1年間のホームステイ代金(目安)

1年の高校授業料 $13,000 + 1年のホームステイ代$11,000
合計 $24,000/年
その他費用として、航空チケット・健康診断・現地での生活費などがかかります。

■オークランドオフィス
(NZ時間:11:00~18:00 月~金)
TEL:+64-9973-5979
■日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
(日本時間:10:00~20:00 年中無休)
フリーダイヤル:0120-4192-09
■カウンセリングをご希望の方
■学校の無料お見積もりはこちらから!
  • Clip to Evernote